blog 迷子のままに:

山下耕平(やました・こうへい)
NPO法人フォロ事務局長、不登校新聞社理事など。

不登校、ひきこもりなどを中心に、書いてます。
一部は「なるにわブログ」から引き継いでます。

   

議論・対話のために

教育機会確保法案は、次の臨時国会での継続審議ということになりました。それまでに、きちんと議論をすることが必要でしょう。この間、私なりに論点を整理したいと思って、このブログに書き散らしてきました。ただ、ブログだと順番が逆になっていたり、バラバラとしていて読みにくいので、4月以降に書いたものを、いくつか、下記PDFにまとめました。

→PDF

賛否を問わず、議論できる論点は整理したつもりです。
よかったら読んでいただき、ご意見をいただければと思います。また、さまざまな方と対話できる機会があればと願っています。


「みんな」「共に」をめぐってー3

学校や市場に対して、自律的な層が必要だ、ということは、これまでも何度か書いてきた。なので、そのあたりの議論は省略して、たとえば下記を参照いただければと思う。


社会臨床学会でのシンポジウムの議論に戻れば、中島浩籌さんは、次のように話していた。

出会いの場や関係性は、学校の外と内、異性愛と「同性愛」といった既成の区分を越え、その「あいだ」に生じている。逆に言えば、その区分を問うところに生じている。その関係性、既成の区分や人材育成的な公教育に回収されえない関係性をどう考えていくのか。(2016.5.22中島浩籌「現在の状況変化の中で透けて見えてきた問題と出会ってきた問題」社会臨床学会総会シンポジウム・レジュメ)
なんだか小難しいようだが、私なりの理解で言えば、不登校にしても、既成の区分に回収されないからこそ、関係性に拓かれていく可能性を持ってきたということなのだろう。ただ、制度は常に、そこから逃げるものを回収しようとする。今回の法案も、然りだろう。そこから「共に」逃げ続けていくことが必要だというのが、中島さんの主張だったと思う。

私も、いまの社会のなかで、どうやって逃げ場をつくっていけるのかが、もっとも大事なことだろうと思う。かつてのように、不登校したというだけでは、逃げたことになり得なくなってきている。だから、フリースクールなども、人材育成などに回収されてしまっては、みずから逃げ道をふさいで自滅してしまうことになるだろう。フリースクールが自滅するのは勝手だが、善意の名のもとに、子どもの逃げ道をふさぐことに加担するのでは、迷惑千万な話だ。


●〈いっしょ〉を前提とせずに

だいぶややこしくなってきたが、もうひとつだけ、今回のシンポジウムで、〈みんな〉〈共に〉をめぐって感じたことを書いておきたい。

それは、大づかみに言えば世代差の問題だ。〈みんな〉とか〈共に〉というとき、原風景のようなものを前提としている世代と、それができない世代があるのではないか、ということを感じる。若い世代ほど、足場を〈みんな〉に置こうにも、原風景のようなものとしては根をおろせない、そこが傷んでしまっている、前提にできない苦しさがある。でも、一方で言えば、ある世代までが前提としている〈みんな〉は、〈みんないっしょ〉な感じもするのだ。〈みんないっしょ〉だからこそ安心できるというか……。

法案をめぐって議論にならず対立・分断になるのも、〈いっしょ〉ではないというところで、揉めている感じもあるような気がする。多様な意見が出たらケンカにしかならないというのでは、多様な教育もクソもないだろう。自戒を込めて言うが、未成熟というほかない。

〈いっしょ〉は前提にはならない。私たちは、そのことを前提に、新たに〈みんな〉とか〈共に〉を培っていく必要があるのだ。そして、それは制度がどうなろうと、制度には回収されないものとして、培っていく必要があるのだと思う。

「みんな」「共に」をめぐってー2

公共が崩されて、市場ばかりが拡がってしまうと、生きていくことの土台の安心感が崩れてしまう。それは、80年代のように学校が画一的で抑圧的で、選択することができないから苦しいという文脈では、捉えきれない問題だ。学校を選択できるようにさえなれば、子どもが楽になるというのは、時代錯誤と言ってよいだろう。むしろ、社会に選び・選ばれる関係(=市場)ばかりが拡がっているなかで、生きていくことの土台の安心感が崩れていることの困難さがある。それは、学校に行っている・行っていないにかかわらず、多くの人が直面している問題だろう。だから、公共の場を簡単に市場にゆだねてはいけないというのは、よくわかる。さまざまな分野における民営化や規制緩和が社会にどう影響してきたか、その結果は明らかだろう。

しかし、〈学校=みんな〉は、市場一辺倒の社会への防波堤になるのだろうか。あるいは、多様な教育を求めることは、たんに〈学校=みんな〉を切り崩して市場化することに貢献するだけに終わってしまうのだろうか……。


●〈みんな〉/分類化・市場化/ブラック化

日本で〈みんな〉が抑圧になってきた理由のひとつは、〈みんな〉が〈みんないっしょ〉になってしまうからだろう。常に周囲の目を気にしながら、空気を読んで、浮いてしまわないことが最重要のことになっている。個人がそこにはない。いじめは、その最たるものだろう(このあたりは、すでに言い尽くされていることだが)。

つまり、〈みんな〉に多様性がない。だから、いろんな選択できる場が必要だとなるが、それが分類になってしまうと、〈みんな〉はますます画一化され、息苦しい場になる。養護学校義務化や特別支援教育がそうであったように、異なる他者を排除する方向になってしまうのでは、いろんな場ができたとしても、それは分類化が進むだけで、多様性は失われてしまう。

あるいは、それぞれの〈ニーズ〉に応じたサービスが提供されるとなると、市場が活性化するばかりで、市民活動は市場に呑み込まれてしまう。くどいようだが、フリースクールと広域通信制高校やサポート校との関係は、その最たるものだろう。

そして政府の方針は、分類化や市場化を強める方向にあるのだ。だから、〈みんな〉の場としての学校を手放してはいけない、多様な場をつくるよりも、学校に多様性を取り戻して(あるいは培って)いく必要があるということになる。

しかし、もう少しさかのぼれば、〈みんな〉が学校に独占されてしまったことが、そもそも抑圧的だったのだ。ある時代においては、その抑圧は経済的成功への必要悪として機能していたのだろうが、それが機能しなくなって、いまの学校は悪いところどりのようになってしまっている。ブラック企業の問題と同じだ。学校は、いわばブラック化している。ブラック企業の正社員は、不安定な非正規雇用に対する防波堤にも対抗軸にもなり得ない。


●自律的な足場を

「前門の虎、後門の狼」のようだが、「学校の外を認めろ」というばかりで市場に対する自律性がなければ、公共を切り崩すことに加担するばかりだし、逆に、分類化・市場化に対抗しようとして、ブラック化した学校を対抗軸とするだけでは、子どもたちは苦しいままだろう。市場に対しても、ブラック化した学校に対しても、自律的な足場が必要だ。そしてそれは、選ぶものとしてではなく、ひとつの層としてあるものだと私は思っている。(つづく)

「みんな」「共に」をめぐってー1

先だっての社会臨床学会でのシンポジウム(中島浩籌、石川憲彦、山下耕平)で大きなテーマになったのは、「みんな」とか「共に」ということだった。つまり、公共ということをどう考えるか。

石川憲彦さんが言っていたことを私なりの理解で言うと、「政府が公共を手放して、どんどん社会を市場原理にゆだねようとしているなか、『みんな』の場(シャバ)として、学校を手放してはいけないのではないか。学校は問題だらけだが、労働の場で『みんな』の足場をつくるのは不可能といっていい。せめて学校をせめぎ合いの場としていくほかないのではないか」ということだった。

しかし、その「みんな」が抑圧的だったからこそ、不登校が苦しかったのだ。この「みんな」「共に」「公共」ということを、どう考えたらよいのだろう? もやもやするなかで、ふと思い出した文章があるので、まずは読んでもらえたらと思い、ちょっと長いが引用したい。小沢健二の「うさぎ!」第十二話(季刊『子どもと昔話』36号/2008年7月20日発行)の一部だ。

………………………………………………………………………………………………

「あのさ、何かの『民間契約』のニュースがあると、『民営化』とか『官から民へ』とか『効率化』とか『アウトソーシング』とか『競争主義』とか『市場原理の導入』とか『改革』とか、気味の悪い言葉を聞くじゃないか?」

「ああいう新聞用語は何度聞いても、今ひとつ意味がわからない。新聞用語には、人びとが理解しないように、わざとわかりにくい言葉が選ばれているからね。」

「現実には、もっとわかりやすくて、重要で、大きなキーワードがある。」そう言うと風は、こう書き付けます。

NPM(新しい国民の取り扱い方)

「NPMっていうのは、New Public Managementの略。『新公共経営』なんて訳されるけれど、要するに『新しい国民の取り扱い方』ってことだ。」

(中略)

NPM(新しい国民の取り扱い方)
・国民をお客様として扱ってください。
・何でも商取引(売り買い)として考えてください。

「そして、かならず言うのは……」

・政府や役所、学校や保健所や図書館など国民のための施設は、企業のように運営してください。

「わかりやすい説明だから、ちょっと考えると疑問もすぐに浮かんでくる。疑問は、
・国民をお客様として扱っていいのか?
・何でも商取引(売り買い)として考えていいのか?
 そして、
・政府や役所、学校や保健所や図書館など国民のための施設を、企業のように運営していのか? という疑問だ。」

「さて」と風。「『お客様として扱う』というと聞こえはいいけど、『お客様』という立場は、本当はあまり強い立場じゃない。たとえばレストランの客は、お金を払うかぎりは『お客様』として扱ってもらえるけど、お金を払わなかったら『お客様』という立場はなくなって、『出て行ってください』と追い出される。」

「『国民』というのは、もう少し立場が強い。憲法を読むと、国民は『健康で文化的な最低限度の生活をする権利を有する』とか『基本的な人権は永久の権利』とか書いてある。レストランにたとえると、『お金を払えないですけど、最低限の食事くらい食べさせてください』と要求することができるってことだ。そして『国民』はお金(税金)を払わなくても、『国から出て行ってください』と追い出されることはない。」

「だから『国民をお客様として扱う』というのは、要するに『国民の立場を弱くします』『国民の権利を減らします』ということ。しかし、そう露骨に言ってしまうと、国民が聞いて怒るかもしれない。だから柔らかく、『国民をお客様として扱います』と言うんだ。」

「それから『国民』はいちおう『平等』ということになっている。ところが『お客様』は平等じゃない。高いお金を払えばいいサービスを受けられるし、レストランでは上客は上等に扱われて、良い席に座る。」

「そして、お客様の立場は、お金だけでは決まらない。有名人はお金を払わなくても良い席に座らせてもらえるように、お客様っていう立場は、コネとか地位とか、あやしげな要素で決まる。」

「つまり、NPM(新しい国民の取り扱い方)は本当は『国民の権利を減らします。そして、お金とかコネとか地位とかに基づいて人を扱います』と言っているんだけど、そう言ってしまっては……」

「身もふたもない」と虹の風。

「けれども、それがNPMの本心なんだ」と風。「だからNPMを進める政府があると、その国の人たちは、日に日に『お金とかコネとか地位に基づいて扱われている』ことを、強く感じるようになる。『自分はいつも品定めされてる』っていう感覚を持つようになる」

(中略)

「そして、いつも、何でも品定めする、おたがいを品定めする雰囲気が、世の中に浸透してくるんだ。」

「しかし、おたがいをいつも品定めしていたら、居心地が悪いだろうね。『いつでも何でも売られて、買われる』なんて、安心感がない」と花帽子。

「けれども、NPMっていうのは、そういう命令。『安心はだめです。いつでも競争なのです』という命令。」

「はあ、けれど……」花帽子が首をかしげます。「安心って、『幸せ』そのものなんじゃないの?」

「そうなんだよ」風が言います。「だから、幸せそのものが突き崩されていくんだ。安心はなし。心配と計算が、お金とコネと地位のまわりをうろつく。NPMが設計するのは、そんな世界だ。」

………………………………………………………………………………………………

教育機会確保法案の一連の動きも、NPMの流れのなかにある。法案だけではない。多くの市民活動が、NPMに呑み込まれてしまっている。仮に法案が廃案になったとしても、この構造は変わらない。だから、問題は法案以前にあって、法案以後にあるのだ。(つづく)

プロフィール

HN:
山下耕平
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県生まれ。大学を中退後、フリースクール「東京シューレ」スタッフを経て、1998年、『不登校新聞』創刊時から、2006年6月までの8年間、編集長を務めた。また、2001年10月、フリースクール「フォロ」設立時より、同事務局長を務める。2006年10月より、若者の居場所「コムニタス・フォロ」を立ち上げ、コーディネーターをしている(現在は「なるにわ」と名称変更)。2009年2月、『迷子の時代を生き抜くために』を上梓。

拙 著


ブログ内検索

Twitter

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
2
4 5 6 7 8 9
10 11 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Copyright ©  -- Kohei Yamashita --  
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS /  /