忍者ブログ

blog 迷子のままに:

山下耕平(やました・こうへい)
NPO法人フォロ事務局長、不登校新聞社理事など。

不登校、ひきこもりなどを中心に、書いてます。
一部は「なるにわブログ」から引き継いでます。

   

4.15共同記者会見

4月15日、教育機会確保法案に反対する共同記者会見が議員会館で開かれた。私も発言を求められたので参加し、おおむね下記のように発言してきた。

・まず、法案以前の問題として、議論が未成熟であることが問題。
・個別学習計画が撤回されたことはよかったが、なぜ撤回になったのか、議論の形跡もない。ウィッツ青山学園の就学支援金不正受給問題など、教育の民営化が引き起こしている問題について、推進してきた人たちは、きちんと見解を述べるべきだろう。
・フリースクールに通っている人は不登校児童生徒の3.5%で、不登校を代弁するのに無理がある。また、フリースクール関係者のなかでも、意見はいろいろで、賛成とも反対とも言えないという人も多くいる。法案ありきでは、賛否に二極化して議論ができず、対立や分断を生むことになってしまっている。
・法案の当事者として、子ども本人、親、フリースクール関係者などがある。法案は誰の声を聞いてつくってきたのか。こういう場所で発言できる人にかぎりはあり、届いてない声も多い。
・推進する人たちからは「一歩前進になれば」という言葉がよく聞かれるが、その一言で、さまざまな批判が流されてしまっている。まるで呪文のようだ。

以上を述べたうえで、現条文案については、下記の意見書をもとに発言した(すでに述べてきたことのくりかえしだが……)。

  *  *  *

教育機会確保法案への意見
                                                                2016年4月4日
                                                    NPO法人フォロ 山下耕平

この法案は、もともとは「多様な教育機会の確保」を主眼としたものでしたが、その主眼がなくなり、不登校政策を主とした法案に変わっています。また、この法案をめぐっては、不登校やフリースクール関係者のあいだでも意見は分かれており、議論が未成熟のまま法案を上程することによって、関係者に対立や分断を生むことを危惧しています。下記、問題点を指摘し、白紙撤回を求めます。

1.不登校の定義が問題
 この法案では、不登校は「集団生活への心理的な負担」が主たる理由となっています。不登校を子どもの心理の問題として法的に定義することは問題です。また、教育機会の確保が法案の目的であるならば、長期欠席のうち、ことさら「不登校」だけを抜き出して、定義づけることはおかしいと言えます。

2.休養の必要性について
 今回の条文案で「休養の必要性」(第13条)が入ったことを評価する声もありますが、休養はむしろ、いまがんばって学校に通い続けている児童生徒にこそ保障すべきです。いじめなどの問題が生じるのも、自殺にまで追いつめられる子どもが後を絶たないのも、休むことが許されない学校のあり方に一因があると言えます。今回の法案の議論で、「誰もが安心して通える学校」であるべきという意見が多くありました。しかし、逆説的なようですが、「誰もが安心して不登校できる学校」「誰もが安心して休める学校」こそが、「誰もが安心して通える学校」になるのではないでしょうか?

現行の不登校政策では「未然防止」「早期発見・早期対応」が謳われていますが、せめて年間30日の休養は「不登校」などとカウントせずに、当然の権利として保障してほしいと思います。そのうえで、不登校しても不利益にならないよう、関係機関が連携していく、いわば「不登校機会保障法」であれば、立法化する意味もあるかもしれません。不登校の現実に即して考えるのであれば、教育機会の確保よりも、まずはすべての子に休息を保障することが最重要と思います。

3.立法化を急がず、今後に
この法案は、不登校を立法事実とながら多様な教育機会の保障を制度化しようとしていた点に、無理があったと思います。本当に教育に多様性を確保していこうというのであれば、立法化を急がず、不登校関係者だけではなく、幅広い議論のなかで、正面から考えていくことが必要だと思います。ここまでの議論を、ゆがんだかたちで決着させるのではなく、これまでの議論を礎として、今後につなげることが大事だと思います。

「多様な教育」も「休養の必要性」も、すべての子どもにとって必要なことで、ことさら「不登校」を定義づけて、位置づけるべきものではありません。この法案は、建てつけの土台に問題があると言えます。条文修正ではなく白紙撤回し、出発点に立ち返って、考え直すことを求めます。
  *  *  *
※記者会見の動画がアップされたので、下記に埋め込みます(4月17日追記)

そのほかの方の発言も、下記サイトにアップされています。

学校が「生きジゴク」になったころ

『おそい・はやい・ひくい・たかい』No.90の特集は発達障害。80年代に小中学生を過ごした経験からの原稿をという依頼があって、執筆させていただきました。編集部の了解を得て、下記に転載します。


●いっせいにいなくなった同級生

80年代は、すっかり懐メロ的な時代になってしまいましたね。氣志團みたいなヤンキーに、聖子ちゃんカットの女子があふれ、「おいしい生活」を求めて、みんながバブルに向かってまっしぐらな時代……古き良き時代となつかしむ人もいるでしょう。でも、一方では、鹿川裕史くん(当時13歳)が「このままじゃ生きジゴクになっちゃうよ」と遺書を残して自殺したように、80年代はいじめ時代の幕開けでもありました。

私自身のことを言えば、1973年に埼玉県の郊外住宅地で生まれ、育ちました。第二次ベビーブーム世代で、近所は同年代の子どもだらけ。クラスには農家や自営業の家の子もいましたが、家の近所はほとんどがサラリーマン世帯でした。小学校に入学したのは1979年。そう、養護学校が「義務化」した年です。

小学校1年生のとき、同じ学年に「障害」を持った子は何人かいました。なかでもよく覚えているのは山田くんで、ものすごく大きな身体で、廊下でウンチをしていたのは強烈に覚えてます。というのも、私もウンチやオシッコを教室で漏らしてたもので、堂々と廊下でウンチをしていた山田くんには、びっくりするとともに、ひそかに仲間意識を覚えてました。

ところが、その子たちは、小学校2年生にあがるとき、いっせいにいなくなってしまいました。それが教育制度の影響によるものだったと知るのは、自分が大学生になってからのことでした。その後、学校が「生きジゴク」と感じるような息苦しさを強めていくのは、このとき「異質」なものを排除したゆえだったのかもしれません。


●学校という「箱」

ヤンキーたちが暴れまわり、校則管理や体罰が横行し、いじめが陰湿化し、そうした学校に嫌気がさして登校拒否しても、戸塚ヨットスクールみたいなところに入れられて、スパルタ訓練させられる……。思い出すほど、あまりいい時代のようには思えません。学校という「箱」がとっても息苦しいものになって、そこで暴れる人と、ガマンしたままいじめに走る人と、そこから逃げ出す人がいて、教師はそれを何とかしようとシャカリキにがんばっていたのかもしれません。いずれにしても、学校という「箱」が大きな意味を持っていたのはたしかでしょう。

では、その後の時代はどうかと言えば、たとえば不登校に関して言えば、昔よりは学校が相対化され、無理な登校強制などは減りました。校則管理や体罰も、まだまだ問題はあるものの、80年代よりはマシなような気がします。ヤンキーはマイルド化して、かつてのような校内暴力はあまり見かけなくなりました。じゃあ子どもが楽になったのかと言えば、どうも、かえってしんどくなってるように思えます。なぜでしょうか?

それはきっと、「箱」が細分化してしまったからのように思います。今号のテーマの発達障害は、その代表格でしょう。それまでは「ちょっと変わった子」だったのが、診断されて障害名がついて、特別支援という「箱」に移されてきました。フリースクールなども、学校そのものを問う存在から、学校以外の「箱」として、認知されるとともに、そういう「箱」として分類されてしまった感があります。子どもが暴れたり逃げたりしても、学校という「箱」への問題提起にはならず、別の箱への移動になってしまう。そして、残ったほうは、ますます息苦しくなっている。そんなふうに思えます。


●不安に満ちた関係のなかで

学校だけではないでしょう。あらゆる人間関係において、ちょっと摩擦があると関係が切れてしまう不安感があって、揉めてもゴチャゴチャしても仲直りできるというような信頼感は、どんどん薄まってしまっているように感じます。だから場の空気を読むことがますます必要になって、ますます空気を読むのが下手な人は「障害」とされてしまう。第一、子どもにとやかく言う前に、大人どうしの人間関係も不安に満ちてはいないでしょうか。そうなると、大人と子どもの関係も不安なものになってしまいます。子どもからしたら、自分をぶつけて、受けとめてくれる大人がいないような感覚が強まっているように感じます。

それが「多様性」「自由」「個性」なんて言葉に包まれて、見えにくくなっている。すべては自己責任になってしまっていて、場や関係に問題を投げかけるよりも、自分で解決すべきものになってしまっている。自分で解決できないものは専門家に頼ることになる。そこで解消されないモヤモヤは、ときに暴発して他者に向かったり、自分に向かうと自傷行為や依存症なんかになってしまう。なんだか希望が見えません。自分で書いていてウンザリしてきました……。

でも、依存症に「底つき体験」という言葉があるように、きっと、この息苦しさにも底はあるはずです。というよりも、この息苦しさを問うているものこそが、「問題行動」と見えるさまざまな現象なのでしょう。いつの世も、問題と見えるところにこそ、希望は宿るものなのかもしれません。

たとえば、私が関わっている若者の居場所では、「当事者研究」をしています(生きづらさからの当事者研究会/通称“づら研”)。発達障害、統合失調症、ひきこもり、ニートなどなど、さまざまに名指される当事者が参加しています。そこでは、自己責任ではどうにもならなくなった自分の問題を、情報公開し、他者とともに「研究」することが、あらたな共同性につながっています。まあ、あんまりカッコのよいことも言えなくて、つねに問題だらけですが、不器用にぶつかり合ったり、ときに炎上しながらも、続いている共同性に、希望を感じています。

…………………………………………………………………………………………
※ほかの記事も読んでほしいので、よかったら、『お・は』を買ってください。↓
『おそい・はやい・ひくい・たかい』No.90特集:「発達障害」を身近に感じたとき

書評:『キリンの子』鳥居歌集

歌人の鳥居さんが歌集『キリンの子』を上梓された。差し出がましいようだが、少し書評(?)を書いてみたい。
 

たとえば震災などがあったとき、被災しなかった人でも、報道などで事実に接するだけで胸が騒ぐ。それは被災者の苦しみ、痛みに共感するからでもあろうし、自分の日常が揺るがされ、そのはかなさ、もろさを突きつけられてしまうからでもあるだろう。いずれにしても、日常にパックリと開いた穴からは、不穏な風が吹きつけてくる。

鳥居さんの存在(その経験も含めて)は、それ自体が震災のような作用を人にもたらす。深い共感を引き起こす一方、「こんなのはウソだ」と否認する人もいれば、「特別な人だ」ということで、自分の日常からは切り離したうえで賛美したりする人もいる。

それが、鳥居さんの過去の経験だけで引き起こされているのであれば、鳥居さんの存在は、凄絶な過去を背負った、かわいそうな女性のストーリーとして、一時的に消費されて、忘れ去られてしまうだろう。しかし、鳥居さんの凄みは、自身の経験から見えた世界を、短歌という、たった三十一文字に結晶化させ、私たちの日常をスパスパと斬ってみせていることにある。

たとえば太宰治の小説を読んだとき、これは太宰の実体験なのか、小説なのかと、とまどった経験を持つ方も多いだろう。でも、それが実体験であるかどうかは、あまり大事なことではない。雑多な事実に縛られて書くよりも、事実を結晶化させた作品は、より真実を描いていると言える。その肌触りに、人はぞっとしつつも、惹かれるのだ。

鉱石は、自然界にあるままでは石ころだ。それを高熱でどろどろの液状に溶かし、金属を抽出して、はじめてその性質を発揮する。それは人を殺める道具にもなれば、調理器具にも、宝飾品にも、貨幣にもなる。

鳥居さんは、いわば高熱をくぐり抜けた金属だ。そしてその短歌は、金属をさらに鍛錬して加工した刃だ。しかも、すこぶる鋭利で切れ味がよい。そしてまた、鳥居さんの短歌にも、刃物がよく出てくる。それは偶然ではないだろう。

ただ、刃物は使い方をあやまつと、人を傷つける道具にもなる。可能性は常に、危険性と裏腹にある。その危険な香りだけを文学だと思う人もいるだろう。でも、鳥居さんには、その危険をもくぐり抜けて、生を根本から肯定する強い意志がある。だからこそ、その刃は錆びない。三十一文字に鍛え抜かれた刃は、私たちの日常をスパスパと斬りながら、不穏な風を吹き寄せながらも、逆に、私たちの生を再生させる(これがなまくら刀だと、生を傷つけて終わってしまう)。

「生きづらい」と感じている人は、ぜひ、鳥居さんの短歌に触れていただきたい。そして、歌集を読んだうえで、鳥居さんの背景を知りたい方は、『セーラー服の歌人 鳥居』も併せて読むことをお勧めしたい。


議論はどこに? 条文案が発表されたが……

3月4日、教育機会確保法案の条文案が発表された(超党派フリースクール等議連連盟・夜間中学等義務教育拡充議員連盟合同総会)。

すでに2月2日に骨子案は示されており、この間の立法チームでの議論を踏まえたうえで、今回の条文案が発表されたはずである。しかし、どこに議論が反映されているのか、私が読んだかぎりではまったくわからなかった。議員連盟では、この案をもとに、さらにヒアリングを行ない、検討すると言うが、1カ月にわたる議論が反映されていないのであれば、さらに何を検討するというのか、疑問を覚えざるを得ない。

今回、条文案で明らかになったのは、不登校の定義だ。以下のように定義されている。
不登校児童生徒:相当の期間学校を欠席する児童生徒のうち、学校における集団の生活に関する心理的な負担その他の事由のために就学困難な状況として文部科学大臣が定める状況にあると認められる者。
集団生活への心理的な負担が、不登校の主たる理由となっている。不登校を子どもの心理の問題とするのは問題だが、その以前に、教育機会の確保が法案の目的であるならば、長期欠席のうち、ことさら「不登校」だけを抜き出して、定義づけることはおかしいのではないか。

また、すべて削除されていた「多様な」という文言も盛り込まれたと言うが、「不登校児童生徒が行う多様な学習活動」といった文面であって、現状について形容されたにすぎない。法律上の意味は皆無といってよいだろう。

以前に述べた意見
のくり返しにしかならないが、「多様な教育」にしろ、「教育機会の確保」にしろ、「休養の必要性」にしろ、すべての子どもにとって必要なことであって、ことさら「不登校」を定義づけて、位置づけるべきものではない。そもそもの法案の建てつけに問題があるのだから、法案は条文修正ではなく白紙撤回し、出発点に立ち返って、考え直すべきだろう。


*3月4日のようすや配布資料などは、下記でも報告されている。

プロフィール

HN:
山下耕平
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県生まれ。大学を中退後、フリースクール「東京シューレ」スタッフを経て、1998年、『不登校新聞』創刊時から、2006年6月までの8年間、編集長を務めた。また、2001年10月、フリースクール「フォロ」設立時より、同事務局長を務める。2006年10月より、若者の居場所「コムニタス・フォロ」を立ち上げ、コーディネーターをしている(現在は「なるにわ」と名称変更)。2009年2月、『迷子の時代を生き抜くために』を上梓。

拙 著


ブログ内検索

Twitter

メールフォーム

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Access Analyze

AD

PR
Copyright ©  -- Kohei Yamashita --  
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]