blog 迷子のままに:

山下耕平(やました・こうへい)
NPO法人フォロ事務局長、不登校新聞社理事など。

不登校、ひきこもりなどを中心に、書いてます。
一部は「なるにわブログ」から引き継いでます。

   

教育機会確保法案、ドワンゴ、宮崎駿さん……

11月18日、教育機会確保法案が、衆院の文部科学委員会で採決された。24日には参院の文部科学委員会が開かれ、このまま可決成立になる見込みだという。

この法案について言うべきことは、すでにさんざん述べてきたので、くり返さないが、反対してきた人にとってはもちろん、法案を推進してきた人たちにとっても、禍根しか残さなかったと言えるだろう。

私は、問題は法案以前にあり、法案以後にあると、くり返してきた。それを一言で言えば、教育が多様化や自由化という名のもとに民営化され、「選択と集中」で、より競争的、選別的な方向になっていくということにある。

現法案は、旧法案に比べれば、よほど歯止めが利いているとは言えるが、推進している人たちは、旧法案のほうがよかったと思っていて、そちらの方向に向かっての「一歩前進」だと意気込んでいる。この法案を推進してきた人たちは、いったい、どこに向かいたいのだろうか。多様化・自由化の先に、何を求めているのだろうか。


●宮崎駿さん×ドワンゴ川上量生さん

11月13日に放送されたNHKスペシャル「終わらない人 宮崎駿」では、宮崎駿さんと、ドワンゴの川上量生会長とのやりとりが話題になった。CG技術のプレゼンで宮崎さんのもとを訪れた川上さんは、人体が頭を使って移動する映像を見せる。そして、AIを使えば、頭は大事なものだとか、痛覚があるという人間の発想を超えて、気持ちの悪い動きをつくりだせるとアピールしていた。それに対し、宮崎さんは、その映像に痛みや身体性への思いがいっさいないことへの不愉快さを示し、生命に対する侮辱を感じると批判されたのだった。批判された川上さんは、あくまで実験だと釈明したが、それに対しても、宮崎さんは「それで、あなた方はどこに向かおうとしているんですか」と問われていた。

このやりとりには、とても考えさせられるものがあった。それは、たんに映像技術の問題を超えて、いまの社会が向かおうとしている方向に対する、ひとりの作家としての、生身の人間としての、プロテストを感じたからかもしれない。


●N高校×東京シューレ

ドワンゴは、N高校という広域通信制高校を開校している。N高校の教育方針は「世の中にまだないモノを生み出す力」を育むことだという。教育機会確保法案が向いている方向を象徴するのは、まさに、こうした学校だろう。それは、従来、フリースクールなどが大事にしてきたものとは根本的にちがうもので、相容れないものだと言いたい。言いたいのだが、残念ながら、法案を推進してきたフリースクールは、同じ穴の狢となっている。

11月28日には、NPO法人東京シューレと学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校の主催で、「中高生の不登校と学びの多様化」というイベントが開かれる。講演するのは、鈴木寛さん(文科大臣補佐官)と奥地圭子さん(東京シューレ理事長)だ。



●あきらめずに

今回の法案をめぐって、その内容をめぐる意見の対立もあるが、それ以前の問題として、なぜフリースクールをやってきた人たちが、ドワンゴに象徴されるような自由化路線といっしょになってしまったのか、理解に苦しむ人も多いだろう。私自身、その落胆は大きい。それでも、いまの社会に落胆するだけではなく、宮崎駿さんがあきらめずに作品制作に向かおうとしているように、私たちも、自分たちが大事にしたいものから、活動を地道につくっていきたい。

校閲ガール、編集よもやま話……。

校閲ガール」というドラマが始まった。原作は小説らしいが、まだ読んでない。

1回目を見て、「そうそう」とほくそ笑む場面もあったが、校閲部があるなんていうのは大手の出版社や新聞社だけで、小規模出版社にはないし、ましてや不登校新聞社などは編集から校閲どころか、購読管理から発送作業まで自分たちでこなしている。編集部と校閲部の対立なんて起きえない。ただ、編集や校閲の仕事というのは、いずれも裏方の仕事で、目に見えにくい作業なので、何をやっているのか理解されないことも多いなと思う。裏方の仕事というのは、何でもそうなのだろうけれど。

いま、不登校新聞社で「不登校50年証言プロジェクト」を始めている。不登校に関わってきた人たちにインタビューし、インターネットで無料公開、アーカイブにしていこうというプロジェクトだ。現在、第5弾まで公開している。校閲ガールに刺激されて、少し、裏方の作業について、備忘録とグチ吐きをかねて書き出しておきたくなった次第。また、自分の場合はこうしているということがあったら、教えていただけると、ありがたいです。


●事前準備

・まず、インタビューするには、できるだけ相手のことをよく知っておかないといけない。著作や論文など、書かれたものは、可能なかぎり読んでおく(再読含む)。

・そのうえで質問項目を整理するが、その際、主テーマ(今回で言えば不登校)だけで切り取るのではなく、話し手の文脈や背景から、主テーマに迫るように考える。また、本人がすでに書かれていることをなぞるだけではインタビューの意味がないので、疑問点や引き出したい点を整理しておく。

・アポイントをとる。場合によってインタビューの場所などを押さえる。

・インタビューに行く人が複数の場合は、打ち合わせをする。


●インタビュー当日

・録音や撮影機材はチェックをしておく(バッテリー要注意)。写真撮影を考え、話し手に座ってもらう位置を決める。写真撮影は、レイアウトによって、いろいろに使えるように、いろんな角度からの写真を撮る。

・インタビュー開始。まずは、こちらのことを紹介し、あらためて趣旨を簡単に説明する。

・話を聞く際は、用意した質問項目を念頭に置きつつも、その場で話されていること、流れを重視して、逃さないように集中する。

・インタビュー終了時、校正の日程予定や段取りについて、話し手に伝えておく。

・録音・撮影データは、なるべく早くPCに取り込み、バックアップをとっておく。


●編集

・まずは、テープおこし(録音を文字におこす)。

・文字におこした文章を、原稿に整理していく。以下のように段階を踏んでいく。
(1)話し言葉と文章には開きがあるので、まずは、文章に整理していく(息づかいは残しつつ)。漢字仮名づかいの整理なども。
(2)重複した内容や話の流れを整理していく。
(3)あいまいな部分や事実関係は調べて補足したり、注を入れるなどする。
(4)内容をブロック分けして、小見出しをつける。
(5)字数調整のために、さらに整理していく(新聞紙面の場合は、字数制限が厳しいので、ここに労力がかかる。今回のプロジェクトの場合、内容優先で無理に削らないようにしている)。

・本文が確定したら、この段階で内部校正。

・組版(レイアウト)。写真位置や小見出しの位置などを決めていく。

・画像編集:明るさ、コントラスト、色味の調整、トリミングなど。

・初校ゲラの完成。話し手に初校を送る。

・校正戻し。校正の反映。赤入れが反映されているか、内部で再校正。場合によって第2校を送って再校正。校了するまで繰り返す。

・最終確認して、記事公開(新聞の場合は印刷所に入稿)。


●事後

・お礼状を書いて、掲載紙を送る。

・読者からの反応があれば応答し、話し手にもフィードバックする。

・万一、ミスなどがあれば、お詫びして訂正し、訂正の旨を告知する。


およそ以上だが、実際には、これらの工程がほかのインタビューと並行して進む。また、自分が行っていないインタビューの組版や校正なども入る。編集作業をこなしながら、次のインタビューの準備をしていくのは、頭のメモリ容量を必要とするので、あまり酷使するとフリーズしてしまう。その場合は、自分を強制終了して再起動……。

まあ、こんな感じです。書き出したら、少しスッキリしました。ムカついたときは、校閲ガールの主人公のように「このタコ!」とか言えたらいいんですけどね(笑)。

ふぞろいのキュウリたちは高く売れたいだろうか?

わが家にはプランターほどの「庭」があって、毎年、そこで何かしら野菜を育てている。今年はキュウリを植えた。キュウリは、まっすぐ、ほどよく育つものもあれば、曲がってしまうものもあり、ちょっと気を許すと、でっかくなりすぎて大味になってしまう。よく言われることだが、スーパーに並んでいるキュウリは、きれいに形がそろっているが、ふぞろいのキュウリたちは、ずいぶんはじかれているにちがいない。

野菜というのは、人が手間をかけて、土を耕したり、肥料や水をやったりしないと、ちゃんと育たない。ただ、その手間のかけ方や育て方には、その人の考え方が反映される。効率よく商品化するために、農薬や化学肥料を使って大量生産する人もあれば、めんどうくさくても、無農薬で雑草と格闘し、収量が少なくても有機肥料で育てている人もいる。なかには不耕起栽培だとか自然農法だとか、極力、人の手間をかけないことがよいとする人もいる。

まあ、プランター程度の「庭」で家庭菜園をしているぐらいの私には、農業についてエラそうなことは何も言えないのだが、野菜と人間は似ているのだな、と思ったりするのだ。人間も、野生のままには育たない。手間をかけて育てる必要がある。その手間のかけ方には、その人の考え方が反映される。世の中の多くの親は、子どもを高い労働力商品として売るために、躍起になってきた。そのために学歴競争が激化し、偏差値という画一的な基準で人が振り分けられ、序列化されてきた。一方で、めんどうくさくても、子どもの主体性を大事にした、オルタナティブな学びを追求してきた人もいる。教育なんか極力しないほうがいいという、自然農法的な人もいるだろう。

30年ほど前、「ふぞろいの林檎たち」というドラマが流行ったころは、ふぞろいであるがゆえに市場からはじかれてしまうこと、たとえば学歴だけでその人の価値が見積もられてしまうことが問題になっていた。曲がったキュウリ、ふぞろいの林檎でいいじゃないか、それも個性だというようなことは、ずいぶん言われてきた。フリースクールやオルタナティブ教育運動などにも、そうした社会背景があると言えるだろう。

しかし、いまは、均質な商品を求める市場がある一方で、個性的な商品を求める時代になっている。均質でそろっている商品より、ふぞろいでも安全な有機農法の作物のほうが高く売れたりする。そこで、有機認定だとかオーガニック認定みたいなものが出てくる。しかし、それでは結局、市場で売れることに価値がある、という価値観は変わらず、売れるための方法論が変わるだけになってしまう。

フリースクールなどが、人を労働力商品として高く売るための認定の場になってしまうのであれば、それは無残というほかない。フリースクールなどが多様性と言ってきたのは、商品になるための多様性にすぎなかったのだろうか。

あるいは、貧困問題で子どもの学力保障が言われる場合にも同じことが言える。個人の能力を磨いて、貧困に陥らないように労働市場で売れるようにすることが、支援になるのだろうか。

売れることにのみ価値がある、売れないものには価値がないという価値観に対して、それに呑み込まれずに(あるいは呑み込まれつつも)、自分が大事にしたい関係や場をいかに保っていけるのか。その足場がどんどん崩れているなかで、どんなに小さくても、たとえプランターほどであっても、そこに立っていける足場を大事にしていきたい。そして、そういう足場に立っている、さまざまな分野の人たちと、ゆるやかにつながっていきたい。曲がったキュウリを見ながら、そんなことを思う夏の日曜日だった。

「デクノボーになりたい」とは言えても……

先の記事で、価値を低く見積もられても、切り捨てられても、だからこそ、そこに立ち続けたい、と書いた。それは、まあ、私の勝手な矜恃だ。しかし、価値を低く見積もられることの問題というのは、フリースクールや居場所関係者にとってよりも以前に、不登校やひきこもりの当事者に向けられるまなざしの問題だろう。

学校に行かなくなったり、ひきこもったりすると、周囲からは価値のない存在とまなざれる。それは、価値が低いどころか、否定のまなざしであるし、当事者にとっては、存在の根本にも関わる問題だろう。

そこで、「学校に行かなくても社会でやっていける」「学校外でもちゃんと学べる」というような主張が出てくるのは、当然と言えば、当然なのかもしれない。それを否定することはできない。また、不登校やひきこもりから社会的に成功する人がいても、それ自体を批判したり否定する必要はまったくない(ややもすると、それは、ただのやっかみになるだけだろう)。

しかし、不登校やひきこもりを否定視する価値観と対峙しないまま、方法論としてのみ、多様な学び方があるとか、「学校に行かなくても社会でやっていける」というばかりでは、そのツケはどこかでまわってくるだろうなと思う。少なくとも、当事者ではなく、フリースクールや居場所関係者など、周囲の人間がそういう言説をふりまくことは、慎むべきだろう。

一方で、低く見積もられても、切り捨てられても、そこに立ち続けたいなんて言うのは、自分の勝手な矜恃としては言えても、当事者に求められるものではないと思う。「デクノボーになりたい」とは言えても、「デクノボーになりなさい」とは言えないし、言ってはならない。

このあたりを、当事者に向かって言いうるとしたら、「自分のなかのデクノボーの部分を大事にしよう」ということだろうか……いやいや、やっぱり、それも説教くさいような気がする。言葉で語るより、デクノボーとして黙然と立ち続けていれば、それでよいのだろう(ついつい饒舌に言葉にしてしまうあたりが、まだまだデクノボーにはなれない証左だ)。

デクノボーになりたいとは言えても、なかなか、簡単にはなれそうにはない。

プロフィール

HN:
山下耕平
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県生まれ。大学を中退後、フリースクール「東京シューレ」スタッフを経て、1998年、『不登校新聞』創刊時から、2006年6月までの8年間、編集長を務めた。また、2001年10月、フリースクール「フォロ」設立時より、同事務局長を務める。2006年10月より、若者の居場所「コムニタス・フォロ」を立ち上げ、コーディネーターをしている(現在は「なるにわ」と名称変更)。2009年2月、『迷子の時代を生き抜くために』を上梓。

拙 著


ブログ内検索

Twitter

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Copyright ©  -- Kohei Yamashita --  
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS /  /