blog 迷子のままに:

山下耕平(やました・こうへい)
NPO法人フォロ事務局長、不登校新聞社理事など。

不登校、ひきこもりなどを中心に、書いてます。
一部は「なるにわブログ」から引き継いでます。

   

フリースクールに行ったら本当の不登校になる?

「フリースクールに行ったら自分が本当の不登校になってしまうから」

不登校新聞の編集長、石井志昂さんは、不登校している子どもの大半がフリースクールには通っていない事実をあげて、その理由には、数が足りないこと、経済的な理由、心理面のハードルの3つがあると指摘、心理面のハードルの例として、「フリースクールに行ったら自分が本当の不登校になってしまうから」という、ある女性のコメントを紹介していた。(「ぶらり不登校」AERA.dot 2017/06/22

この女性のコメントは、とても大事なことを語っているように思う。でも、それをフリースクールに通う際の「心理面のハードル」としてよいのだろうか? たしかに、こういう心情から、フリースクールに通ってみたいと思っても、足を踏みとどまらせてしまうことはあるだろう。しかし、意識したり言語化したりしているかどうかは別にして、こういう心情は、フリースクールに現に通っている人の多くも、持っているように思う。

石井さんは、不登校経験者であり、フリースクールに通っていた経験がある(そして当時、石井さんが通っていたフリースクールで、私はスタッフをしていた)。石井さんにとって、不登校になったあとフリースクールに通った経験は大きい意味を持っていて、それゆえ、不登校の子どもの大半がフリースクールに通っていないことはなぜなのか、という視点から記事を書いているように思う。しかし、実際問題としては、不登校という文脈と、フリースクールという文脈は、重なる部分はあっても、同じではない。

そのあたりについて、私は、近著で次のように書いた。

不登校の当事者運動のなかでは、学校に行かないことを、フリースクールやホームエデュケーションに置き換えることで、学校に対置しうる教育(=選択できるもの)として位置づけようとしてきたと言える。ここに、問題がねじれてしまう、最大の要因があるように思う。

不登校という名前は、それ以前に比べれば淡白になったとは言え、やはり、そこには学校に行かないことを異常視するような、名づける側のまなざしがある。しかし、それを周囲がフリースクールやホームエデュケーションなどの名前に置き換えて、世間に理解しやすいストーリーに組み替えてしまうことも、本人不在と言えるだろう。


不登校というのは、経済的な理由や病気でもないのに学校を長期に休むことが異常視されて、名づけられたものだ。学校を休むことを許さないまなざしが、不登校への「心理的ハードル」となって、子どもたちを苦しめていると言えるだろう。

石井さんは、学校以外の選択肢がないから、「どんなに苦しいいじめがあっても、そこに毎日通わなければならない」「不登校を許さない社会が彼らを追い詰めたんではないか」という(前掲記事)。しかし、休むことを認めることと、学校外の選択肢を増やすことは別問題だ。そこをイコールで結んでしまうと、大半の不登校の当事者のリアリティとは、ズレてしまうのではないだろうか。
ここには、まだ考えたいことがいろいろあるが、機会をあらためたい。

客観・中立・公正? オードリーのツッコミ

学生のころ、学生新聞をつくっていた。不登校のことに関わるようになったのも、その取材で東京シューレに行ったことなどがきっかけだった。最初は「取材」のつもりだったのが、「なんで自分は学校に行ってたんだろう?」と、自分のほうが問われてしまって、そこから深く関わるようになっていったのだった。

学生新聞に書いていたものは、いま読んだら青臭くて赤面するほかないような文章だろう。ただ、あのころ共有していたことのひとつに、「客観・中立・公正などあり得ない」ということがある。大手のマスコミは「客観・中立・公正」を装っているけれども、事実の切り方ひとつ、コメントのとり方ひとつにも、絶対に自分(たち)の価値観は反映されてしまっているわけで、それをなかったように見せかけているのはウソだ、ということだ。

実際、報道記事というのは、自分で書いてみると、変な文章だということが、よくわかる。「Aさんはこう言った」「Bさんはこう言った」と書きつつ、肝心の書いている本人自身は、主語として登場しない。だけど、書き手の主張や方向性は確実にある。なんだか、ずるいのだ。それは、報道記事だけではなく、アカデミックな論文なんかでも、同じようなことは言える。あるいは、小沢牧子さんが批判するように、カウンセラーとクライエントの関係や、支援者と被支援者の関係にも、同じことは言えるかもしれない。自分を差し出さず、隠したまま客観を装おう、ずるさがそこにはある。


●イジらせない人は自信がない?

最近、なるにわの参加者に「この本、いいですよ」と勧めてもらった本がある。『社会人大学人見知り学部卒業見込』(若林正恭/角川文庫2015)。お笑い芸人オードリーの若林さんの書いたエッセイだ。これまで、自意識が強すぎて、客観を装おうとするあまり、こじらせてきたことなどが、いろんなエピソードとともに語られていて、おもしろい。そのなかに、こんな一節があった。
みなさんの周りにもイジりにくい人はいるのではないだろうか? イジるし、イジられもする人間は健康だ。問題は、人のことはイジるくせにイジられることは極端に嫌がり隙を見せないようにしている人だ。つまりぼくのようなタイプの人だ。(中略)では、なぜそういう人がイジらせないかというと根本で自信がないからだ。だから、他人をイジって自分の優位性を確認する必要もあるのだ。(中略)自信の持ちづらい時代だ。みんな誰かをイジって自分の優位性を確認したいのかもしれない。

得てして、立場のある人、学歴のある人ほど、自分を差し出さずに、人のことをイジっていることが多いように思う。立場や学歴の装いがあるほど、それを脱いだ自分には自信のないことも多い。そして、その自信のなさを、自分でも見たくないから、隙のないようにしている(不登校やひきこもりの当事者でも、同じことはあるけれども)。安倍首相が批判にムキになってキレるのも、ほんとうは自信がないからなのかもしれない。

青臭くても、偏っていても、自分を差し出している人とは、コミュニケーションができる。でも、それを隠したまま客観を装う人は、タチが悪い。だけど、自分にそういうずるさがないかと言えば、あるなと思う。あるからこそ、自戒しようと思うのだ。自分の隙をつかれてしまったり、イジられたりしたとき、そこでキレてしまうか、素直に受けとめられるか。そこが分かれ目のように思う。自分が人に対するとき、ものを書くとき、ずるいことはしないよう、そしてキレてしまわないよう、自戒していたい。


アベノソンタクは対岸の火事ではない。

安倍首相が肩入れしたとみられる学校に、さまざまな忖度が働いて、規制緩和やら土地の売却やら、神風が吹いたごとくにスムースに物事が進んでいたという。安倍首相は関与を否定しているそうだが、安倍首相とともに急速に動いたできごとは、フリースクールについても起きていた。

2014年9月10日、安倍首相はフリースクール東京シューレを訪問。フリースクール支援の検討を指示し、下村博文文科大臣(当時)もフリースクール支援を言明。文部科学省にフリースクールプロジェクトチームを設置し、担当官を置いた。翌2015年1月にはフリースクール等検討会議を発足、5月に議員連盟が多様な教育機会確保法を提案。バウチャー制度のようなものを成立させるつもりだった。その後、法案をめぐる議論は紛糾して、法律はまるで別物になって成立したわけだが、どさくさにまぎれて、ろくに議論のないまま原案が成立してしまう危険も高かった。まさに神風が吹いたごとく、動きは急だった。
首相官邸ホームページより


私が安倍首相フリースクール訪問の情報を得たのは、訪問前日のことだった。そこで、すぐにブログに記事を書いたのだが、その際に指摘したのは、フリースクール議員連盟と親学議員連盟のメンバーが重なっている、ということだった。親学というのは、伝統的子育てを謳い、日本会議などにもつながる、保守主義の教育論だ。

規制緩和は、フリースクールなどのためだけではなく、親学に代表されるような保守主義の教育にも道を開くものだったと言えるだろう。そういう意味では、森友学園事件は、フリースクールともつながっている問題だ。

教育機会確保法が成立して、その活用ばかりを考えているフリースクール関係者も多いようだが、森友学園事件は、フリースクール関係者への警鐘でもあると私は思う。

『名前のない生きづらさ』刊行にあたって

なんだか、もやっと生きづらい。名前(肩書き)がなくて生きづらい、あるいは自分でも名づけようのない生きづらさを感じている。そういう感覚は、いまや多くの人が共有しているものになっているように思います。しかし、そんなことを言っていると、専門家からは、「不登校」「発達障害」「ひきこもり」「ニート」などなど、いろいろに名づけられて対処されてしまいます。でも、どれもこれも、当事者の実際とはズレているように思えます。

このたび、『名前のない生きづらさ』という本を出しました。

共著者の野田彩花さんは、そういった名前と自分とのズレを、その裂け目に深く深くダイビングするように潜って、そこから言葉をつむいで書かれています。無礼な名づけの呪縛を、身をよじってほどいている、と言ったらよいでしょうか。

私のほうは、「不登校」だとか「ひきこもり」だとか、名づけのいちいちを問い直しました。教育機会確保法と不登校とフリースクールなどの「ねじれ」についても書いています。

また、「なるにわ」の活動についても、1章を設けています。本書も、「なるにわ」というお庭に茂った枝葉のひとつとも言えます。「なるにわ」を知っていただく機会にもなればと願っています。

とはいえ、本を買うにも、お金のかかるもの。懐事情の厳しい方は、図書館にリクエストしていただければ、と思います。また、読んでくださった方は、忌憚のないご意見ご感想をお寄せいただけると、たいへんありがたいです。よろしくお願いします。


プロフィール

HN:
山下耕平
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県生まれ。大学を中退後、フリースクール「東京シューレ」スタッフを経て、1998年、『不登校新聞』創刊時から、2006年6月までの8年間、編集長を務めた。また、2001年10月、フリースクール「フォロ」設立時より、同事務局長を務める。2006年10月より、若者の居場所「コムニタス・フォロ」を立ち上げ、コーディネーターをしている(現在は「なるにわ」と名称変更)。2009年2月、『迷子の時代を生き抜くために』を上梓。

拙 著


ブログ内検索

Twitter

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Copyright ©  -- Kohei Yamashita --  
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS /  /