blog 迷子のままに:

山下耕平(やました・こうへい)
NPO法人フォロ事務局長、不登校新聞社理事など。

不登校、ひきこもりなどを中心に、書いてます。
一部は「なるにわブログ」から引き継いでます。

   

フィルターに濾過されてしまったものは

不登校新聞が創刊20周年を迎えた。そのことについて書くべきことは不登校新聞の記事(481号)に書いたので、よかったら読んでいただくとして、20年前のことを思い出していて、こういうことも忘れられてしまうから、少し書いておいたほうがよいかなと思ったことがある。

印刷所のことだ。

学生時代(92~95年)のことから書くと、学生新聞をつくっていたとき、ふたつの印刷所を利用していて、そのうちひとつは活版印刷だった。大学のそばにあった印刷所で、おじさんが真っ黒になりながら、ひとつひとつ、鉛の活字を拾っていた。校正で赤をたくさん入れたりすると、「いまからは勘弁してよ」と言われたりして、入稿前に、なるべく校正が少ないようにしないといけなかった。

もうひとつの印刷所は、不登校新聞を始めたころと同じシステムで、写研という会社のシステムを使っていた。まず、手書きかワープロの原稿を入稿して、印刷所の人がそれを文字入力して(当時はワープロでもデータ入稿はなかった)棒ゲラというゲラにしてくれる(新聞の1段の状態)。そこで初校。これが記事本文。

同時並行で、写真は写真製版に、見出しは写植の職人さんに打ち出してもらう。すべては伝票を使って指定する。見出しは、書体や大きさ、地紋などを指定。その際、倍尺というものさしみたいなので測って、入る文字数を計算する。写真製版の指定では、トレーシングペーパーでトリミングの位置を指定して、拡大・縮小・原寸とかを指定する。大きさは、やはり倍尺で指定(ちなみに、1倍は活字1マス分の大きさのことで、それが基本単位になっていた)。

 倍尺、地紋帳、テープレコーダー……


そうやって、校正したり指定したものが、それぞれ出てくる。棒ゲラ、写真、見出し。それらを今度は別の職人さんが割付用紙の指定に沿って、組版して「大ゲラ」にしてくれるのだ。大ゲラになったものを、2~3回校正して、校了したら、その版をフィルムに撮って、輪転機にかけられて印刷される(下版)。

下版するまでの作業は膨大量だった。気むずかしい職人さんたちとコミュニケーションをしないと作業が進まなかったし、「指定がわかんねえよ」とか、怒られたことも多々あった。印刷所には「進行さん」という統括する人がいて、その人を介しながら、それぞれの作業工程がまとまって、新聞ができていった。不登校新聞で最初に使っていた印刷所の進行さんは、寅さんに似ているパンチパーマの小川さんという人だった。

そして印刷所には、いろんな新聞の人が来ていた。冷凍食品新聞とか、新文化とか、防衛新聞とか。自分たちだけではないから、順番を待たないといけない。印刷所の校正室は人がいっぱいで、当時だとタバコを吸う人が多いから、いつも部屋は煙たかった(私も吸っていたのだが)。学生新聞の経験しかなかった私の編集技術は未熟で、それを見かねた、ほかの新聞社の人たちが、待ち時間に、いろんなことを教えてくれた。そして、携帯電話も持ってなかったから、連絡をとるときは、据え置きの公衆電話でかけないとならず、その電話機はテレフォンカードも使えなかったから、10円玉に両替してもらってかけていた。

新聞の印刷所は、DTPが普及するなかでバタバタとつぶれていった。不登校新聞も創刊翌年の99年からはDTPに移行した。たくさんの職人さんたちと進めていた煩雑な作業は、パソコン1台でできるようになった。DTPでは、自分のイメージ通りに編集ができるし、めんどうなやりとりも必要なく、仕上がりもきれいだ。何より印刷代が劇的に安くなった。でも、それはそれだけ人の仕事がなくなったということでもある。そして、職人さんたちは、みんないなくなってしまった。

私個人の経験だけで言うと、95年には、まだ活版印刷も使っていたのが、99年にはDTPに移行したので、たった4年のあいだに劇的に変化したことになる。そして、その変化は地続きのものというよりも、何かそこにフィルターがあるような感じがしている。めんどうなものや猥雑なものが、そこできれいに濾過されてしまうようなフィルター。DTP以前の世界にあった息吹みたいなものは、みんなフィルターに濾過されてしまった。

それは印刷の世界だけの話だけではなくて、あちこちで起きてきたことにちがいない。そして、そのフィルター感みたいなものと生きづらさみたいなものは、どこかつながっているような気もする。もちろん、過去がよかったわけではないし、フィルターの向こう側の世界は、ノスタルジーでしかないのだろうけれど。

不登校とは直接関係ないけれども、不登校新聞20周年を機に、こういうことも書きとめておきたかった。

クラスジャパンプロジェクト、多様な教育機会、灰色……

いまの社会では、あらゆるものが商品になっていて、大人も子どもも、そして教育も、商品になっているんだなと思う。少しでも高く売れるために子どもは必死に勉強させられ、学校や教育機関は、そのサービスを買ってもらうために必死になっている。教育は、子どもを労働市場で高く売れる商品に仕立て上げるためのサービス商品になっている。

不登校というのは、大づかみに言えば、そういう状況に対するノーサインであり、そのノーサインを受けとめる場として、居場所やフリースクールはあったのだと私は思う。

しかし、この20年ほどのあいだに、こぼれた人にもチャンスはあると、新たなサービスが用意されてきた。広域通信制高校やサポート校をはじめとする「多様な教育機会」が次々に出てきた。ITの活用も言われるようになって、N高校が出てきて、その延長線上にクラスジャパンプロジェクトが出てきた。フリースクールなども、その流れに呑みこまれてきたと言える。

教育サービスは、既存の学校よりも柔軟で多様なほうがいいということになって、教育機会確保法が成立した。しかし、商品として売れることだけに価値があるという点では、価値観はむしろ一元化している。学校の外までが、その価値観で覆い尽くされてきている。ミヒャエル・エンデの『モモ』に出てくる「灰色」を思い出す。

でも、不登校がそうであるように、この状況に対するノーサインは、今後もさまざまなかたちで出てくるだろう(子どもだけではなく、自分たち自身のなかにも、そのノーサインは出ているはずだ)。状況がどのように変わろうとも、私たちに求められているのは、そのノーサインを受けとめ、人を商品としてまなざすのではない関係や場をつむいでいくことではないか。クラスジャパンの動向を知って、あらためて、そう思う。

休み、怠け、サボり、ぐーたら……その3

労働時間の規制は法律で定められている。しかし、その規制がサービス残業を増大させるだけでは、意味がないどころか逆効果になってしまう。あるいは裁量労働制の拡大というのは、サービス残業の合法化ということなのだろう。

学校に関しても、ゆとり教育で授業時間を削減したら、塾に通う子はますます塾に通うようになって、教育の格差が拡大したという見方がある(苅谷剛彦『学力と階層』など)。さもありなんとは思うが、授業時間を減らしても「ゆとり」にならなかったのは、学校や子どもたちの置かれている状況を問うことなく、授業時間だけを減らしたからだろう。しかし、そこで格差だけを問題にするのもどうかと思う。学校こそが人を能力によって振り分けてきたのだし、能力主義社会を問うことなく、そこにおける格差だけを問うのでは、同じ穴のムジナだ。


●欠席≠休む

ところで、「欠席」と「休む」は同じではない。英語のabsent(欠席)には、rest(休む)という含意はないそうだ。学校を欠席しても、かえって勤勉に駆り立てられるのでは、子どもはちっとも休めない。


内田良子さんが語っているように(不登校50年証言プロジェクト#31)、すべての子どもに休む権利は明示されてしかるべきだろう。しかし、勤勉さに駆り立てられる状況をそのままにして、上から欠席を認めるというだけでは、ゆとり教育がそうだったように、塾通いを増やす結果になってしまったりするにちがいない。

では、どうやったら勤勉さに駆り立てられずに済むかと言えば、勝手に怠けたりサボってしまうほかない。上から許可されないと休めないというのは、そもそもおかしいのだ。それは、法律や制度の問題ではないのだろう。


●ひげづらの万年一等兵

鶴見俊輔が、何かの著書で、「ひげ面の兵隊は信じられる」というようなことを書いていた。戦争目的を疑うことなく信じている若いエリートが一番危なくて、年輩でひげ面の、厭戦的でやる気のない万年一等兵とかが、いちばん信じられる。徴兵自体は避けられず、いやおうなく戦争に巻き込まれたなかで、半身で身を処して生き抜いている。そういう人は、やみくもに人を殴ったりしない。たしか、そんな話だった。

いまの能力主義社会は、一朝一夕には変わらない。そこにいやおうなく巻き込まれながらも、どこかで折り合いをつけて生きていく必要はある。でも、だからこそ、まじめに信じてがんばるのではなく、巻き込まれつつも、怠けたりサボったりすることが肝要なのだろう。しかし、ひとりだけでは、なかなかそれも難しい。そこで必要とされるのが、逃げ場だったり、仲間だったりするのだと思う。フリースクールや居場所というのは、そういうものだと私は思ってきた。

ただ、大人が子どもに向かって「怠けよう、サボろう」とか言うのも、妙なことだ。もし、大人が子どもに示せるものがあるとすれば、みずから怠けたりサボったりする姿だろう。こんなぐーたらな大人でも、なんとか生きている。そのだらしない姿は、子どもが安心して休めることの一助くらいにはなるかもしれない(?)。

illustACで、「ぐうたら」で検索したら出てきたイラスト

休み、怠け、サボり、ぐーたら……その2

プレミアムフライデーは、今日で1周年らしい。定着していないと問題になっているらしいが、それでも経済産業省は継続する方針らしい。知らない人のために補足すれば、プレミアムフライデーとは月末金曜日に早めに退社してもらって、プレミアムな消費を喚起することだそうだ。
どこのアホぼんが考えた案か知らんけど、そもそも非正規雇用で時間給だったりしたら、労働時間が減ったら収入も減ってしまう。消費をうながすなら金をくれ、と言いたくなる。

もちろん、労働時間の規制であれば必要だ。しかし、現状でも、有給休暇があるのに、とらない人が多いという。2016年の労働者1人の年次有給休暇の取得率は49.7%だそうだ(「就労条件総合調査」厚生労働省)。お金が出て休める権利が確保されているのに、半分ちょっとも残している。もったいない。

あるいは、金も出ないのにサービス残業をする人が跡を絶たないのはなぜだろう。それは、残業を断っても仕事がまわる体制がなかったり、断っても不利益にならないという保障がないからだろう。

休みをとるには、休んでも不利益にならない条件整備と、休むことを許さない空気を生み出しているメンバーシップ型の雇用をあらためることが必要だろう。


●不登校の場合は?

前置きが長くなったが、これを不登校に置き換えたらどうなるだろう? 日本の義務教育の学校では、何日欠席しても、進級・卒業に影響をおよぼすことはなくなった。しかし、高校受験となると、いわゆる「内申点」の問題として、いまだに影響があるようだ。入学試験の結果だけではなく、出席日数が問われてしまう。一方で、通信制高校や単位制高校が増えて、不登校でも進学しやすくはなっているが、欠席日数が不利益になる状況は、いまだにあるのだろう。

文部科学省は、「不登校は問題行動と判断してはならない」という通知を出し(「不登校児童生徒への支援の在り方について」2016年9月14日)、教育機会確保法には、「不登校児童生徒の休養の必要性」という文言が入った(第13条)。これを高く評価する声も聞くが、言ってみれば、これではプレミアムフライデーと同じである。第一、休養の必要性を認めているのが不登校児童生徒だけというのは理解できない。年間30日以上欠席して初めて、休養の必要性が認められるということだろうか? それでは、有給休暇を消化している人に休養が必要と言っているのと同じではないだろうか。しかし、休養が必要なのは、むしろ欠席してはいけないと思い込んで登校し続けている人のほうだろう。

年間30日以上欠席しても不利益にならないための条件整備をするのであれば、まずは「内申書」の廃止から始めてはどうだろうか。もっと言えば、学歴によって人が振り分けられる社会をあらためていけば、休むことのできる条件は整備されていくと言えるだろう。(まだ、つづく

プロフィール

HN:
山下耕平
性別:
男性
自己紹介:
1973年、埼玉県生まれ。大学を中退後、フリースクール「東京シューレ」スタッフを経て、『不登校新聞』創刊時(1998年)から8年間、編集長を務めた。2001年、フリースクール「フォロ」設立時より、同事務局長を務める。2006年より、同法人で18歳以上の人の居場所を始め、コーディネーターをしている(なるにわ)。2012年より関西学院大学で非常勤講師。著書に『迷子の時代を生き抜くために』(北大路書房2009)。野田彩花さんとの共著に『名前のない生きづらさ』(子どもの風出版会2017)。

拙 著


ブログ内検索

Twitter

カレンダー

05 2018/06 07
S M T W T F S
1
3 4 5 6 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Copyright ©  -- Kohei Yamashita --  
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS /  /