blog 迷子のままに:

山下耕平(やました・こうへい)
NPO法人フォロ事務局長、不登校新聞社理事など。

不登校、ひきこもりなどを中心に、書いてます。
一部は「なるにわブログ」から引き継いでます。

   

起承転々……

迷子の時代を生き抜くために』を書いたとき、ある親の会の方から、「これまで、学校信仰の代わりにフリースクール信仰を抱いていたことに気づきました」という感想をいただいた。私が「迷子」と言ったのは、いわば「正解」がないことをそのままに(迷子のままに)生きていければいいのでは、ということだったのだが、なかなか、それは難しいのかなと感じることが多い。どうしても、学校に代わる「信仰」は求めてしまうし、それを引き受ければ、フリースクールも商売としてはうまくいくのかもしれない。でも、それでは、極端に言えば、不登校を「治す」壺だとか聖水と変わらなくなってしまう(また、怒られそうだ……)。

たとえば、マスコミの人に取材なんかを受けたとき、ある程度、話が通じるかなと思う人でも、どうしてもズレるところがある。それは、相手は起承転結を求めていて、その「結」がないと、どうしても納得しない、というところだ。活動としては、「結」なんて求めていなくて、いわば起承転々、永遠に転がっている感じでやっている。With no direction home, Like a rolling stone(家に帰る道もなくて、転がる石のようにbyボブ・ディラン) とか言ったら、カッコつけすぎだけど、「結」を求められると、どうしても、うさんくさく感じてしまう。

一例を挙げれば、当事者研究がおもしろいのは、たぶん「結」を求めてないからだろう。そういう下心(?)を置いて、虚心坦懐に人の話を聴いていると、「結」に縛られない話が、いろいろに出てくる。それがおもしろい。最近、斎藤環さんが流行らせた「オープンダイアローグ」なんかも、似たような感じなのかもしれない(よく知らんけど)。

先の記事で、「ふつう」からズレてしまったとき、そこに生じるとまどいや抵抗感こそ大事なのではないかと書いたが、私のなかには、フリースクールなどが学校に代わる「信仰」「結」になることへの抵抗感もあるのだと思う。もちろん、個々人が「結」を得ることが問題だとは思ってない。ただ、「結」が見えなくても、森毅さんが「ワクすれすれ」「境目をフラフラ」「どないなっても、なんとかなるで」と言うように、起承転々……と、転がり続けていくのも、楽しいことなのだと思う。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

プロフィール

HN:
山下耕平
性別:
男性
自己紹介:
1973年、埼玉県生まれ。大学を中退後、フリースクール「東京シューレ」スタッフを経て、『不登校新聞』創刊時(1998年)から8年間、編集長を務めた。2001年、フリースクール「フォロ」設立時より、同事務局長を務める。2006年より、同法人で18歳以上の人の居場所を始め、コーディネーターをしている(なるにわ)。2012年より関西学院大学で非常勤講師。著書に『迷子の時代を生き抜くために』(北大路書房2009)。野田彩花さんとの共著に『名前のない生きづらさ』(子どもの風出版会2017)。

拙 著


ブログ内検索

Twitter

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Copyright ©  -- Kohei Yamashita --  
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS /  /