忍者ブログ

blog 迷子のままに:

山下耕平(やました・こうへい)
NPO法人フォロ事務局長、不登校新聞社理事など。

不登校、ひきこもりなどを中心に、書いてます。
一部は「なるにわブログ」から引き継いでます。

   

総活躍から逃げられますように。

アベノミクスとかいうワケのわからないものに、フリースクールも不登校も巻き込まれてしまった。2016年は、教育機会確保法案が迷走のあげくに成立し、TPP関連法案も成立し、どさくさにまぎれてカジノ法案まで成立した。アベノミクスというのは、日本の経済が立ちゆかないなかで、とにかく何でもかんでも規制緩和して、市場にできるところは、どこまでも市場化していこうということなのだろう。

資本主義は末期状態にあって、実用性のある商品が飽和状態になって売れなくなっているなか、イメージだけで売れる商品として教育が商品化されていると、佐々木賢さん(元定時制高校教員)は指摘されていた。それは詐欺みたいなもので、だから教育は根本的に疑わないといけないのだ、と(不登校50年証言プロジェクト#07佐々木賢さん)。

そういう意味では、カジノもいっしょだろう。実体経済ではまわらないから、ギャンブルで経済を活性化させようというのと、イメージだけで教育を商品化して売っているのと、大差はないと言える。フリースクールというのも、イメージだけが肥大化して、「未来のエジソンやアインシュタインを発掘」するといって安倍政権に支持されて、義務教育を市場化していくための道具にされてしまった。フリースクール関係者のなかには、それを歓迎し、教育機会確保法は「一歩前進」だと喜んでいる人もいるが、なぜ喜べるのか、私にはわからない。

一億総活躍というのは、みんなを市場に放り込んで、そこでがんばらせたいということだろう。がんばりたくない人は許されない。がんばれない人も指弾される。だから、過労死やうつが問題になっている。必要なのは、活躍しなくていい場所、「総活躍」から撤退できる場所で、それが保障されることだ。「一億総活躍」に巻き込まれることをもって前進だというのは、「進め一億火の玉」に邁進することと変わらないのではないか。

当面、市場化の進む社会を止めることは難しそうだ。でも、アベノミクスなんて世迷い言を信じて錯覚さえしなければ、逃げ道をつくりつつ、もがいていくことはできるだろう。石川憲彦さん(精神科医)も、「もがくしかない」「破綻からがスタートだ」と言っていた(不登校50年証言プロジェクト#09石川憲彦さん)。

なんだか大仰な書き方をしてしまったが、「不登校50年」だった2016年が終わる前に、こんなことを書きとめておきたかった。来年は、少しでも多くの人が、少しでもがんばらずに済む年でありますように。

 ※イラストは、イラストACで「活躍」で検索したら出てきたもの。山岸シュンスケ作

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

プロフィール

HN:
山下耕平
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県生まれ。大学を中退後、フリースクール「東京シューレ」スタッフを経て、1998年、『不登校新聞』創刊時から、2006年6月までの8年間、編集長を務めた。また、2001年10月、フリースクール「フォロ」設立時より、同事務局長を務める。2006年10月より、若者の居場所「コムニタス・フォロ」を立ち上げ、コーディネーターをしている(現在は「なるにわ」と名称変更)。2009年2月、『迷子の時代を生き抜くために』を上梓。

拙 著


ブログ内検索

Twitter

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 5 6 7 8
9 10 12 13 14 15
16 17 18 19 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

AD

PR
Copyright ©  -- Kohei Yamashita --  
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]