blog 迷子のままに:

山下耕平(やました・こうへい)
NPO法人フォロ事務局長、不登校新聞社理事など。

不登校、ひきこもりなどを中心に、書いてます。
一部は「なるにわブログ」から引き継いでます。

   

タイマーズ、教育機会確保法案、ロックン仁義(替え歌)

ザ・タイマーズのリマスター版が発売された。おかげでタイマーズ三昧、ヘビーローテーションの日々だ。まあ、単純にうれしいのだが、なんで、こんなにヘビロテしてしまうのかと言うと、いまの気分にヒットするということもある。

教育機会確保法案は、11月22日に衆院を通過し、29日の参議院で可決・成立になる見込みだという。法案そのものの問題は言い尽くされているが、成立までの過程をとっても、惨憺たるものだったと言えるだろう。推進する側は、プラス面だけを強調して理想論を語り、さまざまな懸念やマイナス面を軽視し、しゃにむに成立を望んできた。その姿勢は、どこか原発安全神話と重なる。

関係者に生じた亀裂は、弥縫策でカバーできるものではないだろう。むしろ、これまでゴマカシてきたことが、如実にあらわれたということでもあるのだ。今後につながる道があるとしたら、きちんと論点を整理して、議論を尽くすことしかない。

まあ、何はともあれタイマーズを聴いてみてほしい。
以下は、ロックン仁義のMV。安齋肇さんが監督をしている。

私は、これを替え歌にして、こんな歌詞でカラオケで歌ったりしていた(タイマーズのことだから、いちいち替え歌に目くじらは立てないにちがいない)。
フリースクールなんて、ありゃしねえ
塾だのサポート校だのばかりじゃねえか
俺はしがないNPOワーカー
義理も未練もありゃしねえ

親も世間もみんな言う
たまには勉強させなきゃだめだろう
つらいとこだね NPOワーカー
四角四面の世の中さ

古いやつだとお思いでしょうがねぇ
ちょっと言わしておくんなさいよ
気がつきゃ 軽いヤツらばっかりじゃごさいやせんかい
何をやりたいんだかわかんねえ
学校に行かせたいんだか行かせたくないんだか
よくわかんねえような
親に耳ざわりのいいことしか言えないようなヤツらばっかりでごぜえやす
遠い遠いあのころの
不登校運動やフリースクール運動
「腐ったものを食べれば下痢をする」なんて言ってた気概は
いったい、どこいっちゃったんでございやしょう

冗談のひとつも言えねえ
休むことさえできねえ
やることなすこと、いちいち目くじら立てて評価したがる
いやな世の中になっちまったもんでござんすねぇ
えぇ社長 どうなんだい

どうせ大きい声が通るのよと
小さな声たちがすねている
泣いてくれるなNPOワーカー
はやりすたりの人生さ

失礼さんでござんした
いえいえどういたしまして

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

プロフィール

HN:
山下耕平
性別:
男性
自己紹介:
1973年、埼玉県生まれ。大学を中退後、フリースクール「東京シューレ」スタッフを経て、『不登校新聞』創刊時(1998年)から8年間、編集長を務めた。2001年、フリースクール「フォロ」設立時より、同事務局長を務める。2006年より、同法人で18歳以上の人の居場所を始め、コーディネーターをしている(なるにわ)。2012年より関西学院大学で非常勤講師。著書に『迷子の時代を生き抜くために』(北大路書房2009)。野田彩花さんとの共著に『名前のない生きづらさ』(子どもの風出版会2017)。

拙 著


ブログ内検索

Twitter

カレンダー

05 2018/06 07
S M T W T F S
1
3 4 5 6 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Copyright ©  -- Kohei Yamashita --  
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS /  /