blog 迷子のままに:

山下耕平(やました・こうへい)
NPO法人フォロ事務局長、不登校新聞社理事など。

不登校、ひきこもりなどを中心に、書いてます。
一部は「なるにわブログ」から引き継いでます。

   

痛みの側に立ち続けること

ついに、教育機会確保法案は国会に上程されてしまった。座長試案発表から1年。議論はかみ合わないまま錯綜し、不登校政策法案に様変わりして、もともとの推進者のなかにも疑義を感じている人がたくさんいるにもかかわらず、上程にまで至ってしまった。さまざまに挙がっている批判については付帯決議に反映するというが、茶番というほかない。

すでに法案についての問題指摘などは尽くされている。あらためて言うべきことは何もないが、先だっての共同記者会見の後に開かれた意見交換会で述べたことを、ここにも記しておきたい。

この1年、ヒアリングなどで議員と直接やりとりをしてみて、私が感じたのは、この人たちは本当に「善意」なんだ、ということだった(そう言ったとたんにヤジが飛んできたが……)。ただ、「善意の道は地獄に通ずる」という言葉があるように、「善意」はとても危うい。これまでの不登校政策だって、いわば「善意」によるものだろう。あるいは、子どもを学校に戻そうとがんばってきた教師や親も、みんな「善意」だ。だからこそ、その「善意」は当事者の子どもにとって、さまざまな苦難を生み出してきたのだ。

しかし、どんなにそれが「善意」であろうと、それは現実によって裏切られる。不登校の歴史は、そのくり返しだったとも言えるだろう。だからこそ、親や周囲は、自分たちの価値観を問い直すことを迫られ、学校や社会のあり方が問い直されてきたのだ。仮に今回の法案が通ったとしても、その「善意」は必ず裏切られるだろう。しかし、問題は、そこに痛みを伴うことだ。私たちに求められるのは、その痛みの側に立ち続けることだろう。

これまでも繰り返してきたことだが、何度でも言っておきたい。法案がどうなろうと、問題は法案以前にあって、法案以後にある。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

プロフィール

HN:
山下耕平
性別:
男性
自己紹介:
1973年、埼玉県生まれ。大学を中退後、フリースクール「東京シューレ」スタッフを経て、『不登校新聞』創刊時(1998年)から8年間、編集長を務めた。2001年、フリースクール「フォロ」設立時より、同事務局長を務める。2006年より、同法人で18歳以上の人の居場所を始め、コーディネーターをしている(なるにわ)。2012年より関西学院大学で非常勤講師。著書に『迷子の時代を生き抜くために』(北大路書房2009)。野田彩花さんとの共著に『名前のない生きづらさ』(子どもの風出版会2017)。

拙 著


ブログ内検索

Twitter

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Copyright ©  -- Kohei Yamashita --  
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS /  /