blog 迷子のままに:

山下耕平(やました・こうへい)
NPO法人フォロ事務局長、不登校新聞社理事など。

不登校、ひきこもりなどを中心に、書いてます。
一部は「なるにわブログ」から引き継いでます。

   

未然防止? 腐ったミカン? 不登校を減らすと言うのなら

「多様な教育機会確保法案への批判はわかった。だけど、現状の不登校政策(未然防止だの早期発見・早期対応だの)は、もっとけしからんじゃないか。それについてはどう思うのか?」ということを、いろいろな人から言われてきました。

 たしかに、未然防止だの早期発見・早期対応だの、「不登校はガン細胞扱いなんか?」とゲンナリします。「俺たちは腐ったミカンじゃねえ!」と往年のドラマの台詞でもかましたくなります。中島みゆきの『世情』でも流して、シュプレヒコールのひとつでもあげたくなる気分にもなりましょう(ネタが古すぎてわからない人も多いかと思いますが……)。

そんなに不登校を減らしたいのであれば、簡単に減らせる方策があります。私が文部科学大臣だったら、一瞬にして劇的に不登校を削減してみせるでしょう。どうするのか? まずは年間30日(もしくは50日)までは「不登校」とカウントするのをやめて、すべての児童生徒に休みをとることを積極的に推奨します。これで「不登校」は半減くらいにはなるんじゃないでしょうか? 何日休もうが「不登校」とカウントしなければ、夢の「不登校ゼロ」が実現です。誰もが安心して休める学校は、風通しもよくなって、いじめなども緩和されるでしょう。自殺まで追いつめられる子どもも減るかもしれません。もっとも、休みとなった日を塾通いに費やすなどの問題も生じるでしょうが、平日に部活までこなした後に塾通いしているよりはマシかもしれません……。

「不登校」(年間50日以上の長期欠席のうち病気や経済的理由をのぞいた「学校ぎらい」)がカウントされ始めたのが1966年(91年以降は年間30日でカウント)。50年も血眼になって不登校を数えたてて問題視してきたわけですが、そもそもは、その眼差し自体がまちがっていると見直すべきではないでしょうか?

不登校を立法事実として法案を考えるのであれば、そもそもの不登校の定義の土台から見直したほうがよいと思う次第です。


COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

プロフィール

HN:
山下耕平
性別:
男性
自己紹介:
1973年、埼玉県生まれ。大学を中退後、フリースクール「東京シューレ」スタッフを経て、『不登校新聞』創刊時(1998年)から8年間、編集長を務めた。2001年、フリースクール「フォロ」設立時より、同事務局長を務める。2006年より、同法人で18歳以上の人の居場所を始め、コーディネーターをしている(なるにわ)。2012年より関西学院大学で非常勤講師。著書に『迷子の時代を生き抜くために』(北大路書房2009)。野田彩花さんとの共著に『名前のない生きづらさ』(子どもの風出版会2017)。

拙 著


ブログ内検索

Twitter

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Copyright ©  -- Kohei Yamashita --  
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS /  /