blog 迷子のままに:

山下耕平(やました・こうへい)
NPO法人フォロ事務局長、不登校新聞社理事など。

不登校、ひきこもりなどを中心に、書いてます。
一部は「なるにわブログ」から引き継いでます。

   

誰もが安心して不登校できる学校を

多様な教育機会確保法案をめぐっては、さまざまな懸念や批判があるが、推進する人たちからは、「学校外の道が一歩でも認められれば」「学校外の道が最初から選択できる制度であれば、子どもたちは追い詰められることも少なくなる」という声が多く聴かれた(たとえば、2015年10月20日、多様な教育機会確保法「ここまできた!」報告会資料など参照)。

この、「学校外の道が認められる」とは、どういうことを言うのだろうか? そもそも「学校外」とは何を指すのだろうか? 多様性というとき、それは塾でも何でもありということなのか、選択の自由は、教育商品を選択できる消費者としての自由ということなのか。そのあたりがあいまいなままでは、結局は義務教育の民営化=市場化が進むばかりで、フリースクールなどはかえって苦境に陥ってしまうと危惧している。

また、「学校外」が「学び場」として認められることを求めるのであれば、それは不登校が認められるということとはズレてしまう。不登校は「休む」「逃げる」「撤退」という面を強く持つ。現状では、それは「学校外の学び」より優先すべきものだろう。「学校外の学び」を求めるとしても、それはきちんと休んだり逃げることが確保されてからの話だ。今回の法案で何より懸念されてきたのは、個別学習計画が子どもから逃げたり休むことを奪い、追い詰めてしまうことだろう。

しかし一方で、「誰もが安心して行ける学校を」という言い方(たとえば、「多様な教育機会確保法案」反対要望への賛同人の声など参照)にも、ひっかかるものがある。それは、そこに不登校を本来あってはならない状態と見なすまなざしを感じるからかもしれない(言っている人にそういう意図がないとしても)。

不登校が学校のあり方を問うているのは、まちがいない。そのとき、選択の自由を促進すれば学校のあり方が変わることにつながると考えるのか、いまの学校を「誰もが安心していける場」にしていくべきと考えるのか。ここで議論がねじれてしまっている。

私は、「誰もが安心して不登校できる学校を」と言いたい。それは、学校のあり方だけではなく、不登校しても不利益にならない社会のあり方を問うものでもあるだろう。

法案は1月半ばから国会での検討が再開される。しかし法案がどう転ぼうと、法案以前の問題として、このあたりをきちんと議論したいと願っている。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

プロフィール

HN:
山下耕平
性別:
男性
自己紹介:
1973年、埼玉県生まれ。大学を中退後、フリースクール「東京シューレ」スタッフを経て、『不登校新聞』創刊時(1998年)から8年間、編集長を務めた。2001年、フリースクール「フォロ」設立時より、同事務局長を務める。2006年より、同法人で18歳以上の人の居場所を始め、コーディネーターをしている(なるにわ)。2012年より関西学院大学で非常勤講師。著書に『迷子の時代を生き抜くために』(北大路書房2009)。野田彩花さんとの共著に『名前のない生きづらさ』(子どもの風出版会2017)。

拙 著


ブログ内検索

Twitter

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 4
5 6 7 8 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Copyright ©  -- Kohei Yamashita --  
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS /  /