忍者ブログ

blog 迷子のままに:

山下耕平(やました・こうへい)
NPO法人フォロ事務局長、不登校新聞社理事など。

不登校、ひきこもりなどを中心に、書いてます。
一部は「なるにわブログ」から引き継いでます。

   

多様な教育機会確保法案:今後の政治日程について

昨日、フリースクールと夜間中学校の合同議連総会を傍聴してきた。
昨日の総会で示された条文案は、下記にアップされている。
→条文案(未定稿)


11回にわたって開かれた立法チームでも、議員間で意見はまとまらず、昨日の総会においても、条文案は座長案として提案されていた。
そして、政治スケジュールは、今後、下記のような見通しになることがわかった。

・昨日の総会をもって、条文案は河村会長・馳座長あずかりになり、各党手続きに入る。
・10日間を目処に各党に持ち帰って審議(各党の文部科学部会・政務調査会など)。
・そのあたりの日程で、再度、議連総会を開く。
・そこで全会派一致であれば委員長提案となり、今国会成立の見通し。
・一致しなければ、臨時国会へ?(秋に開かれる?)。


馳座長は、総会後のマスコミ質疑で以下のように話していた。
「あくまで今国会への上程を目標にしているが、目標が達せられない場合もある。本音では委員会質疑があったほうがよいと思っている。国会の議事録に、文科省の答弁などをきちんと残しておいたほうがいい」。

全会派一致で委員長提案になると、委員会での質疑は実質なくなるそうだ。そのまま本会議に上程となる。それよりは、次の臨時国会で委員会を開いて審議したほうがよいと思っている、ということだろうか。


昨日の総会で出てきた論点は、基本的に、これまでと変わるものではなかった。
各党に持ち帰って、どのような審議になるのか、注目される。(山下耕平)

※意見を各党の文部科学部会に届けたい方は、下記サイトにリストがアップされている。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by NONAME
  • 2015/09/13(Sun)09:05
  • Edit
多様な学び法案で、多様な意見をいったら、審議をさまたげるって、矛盾。怪しい。

プロフィール

HN:
山下耕平
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県生まれ。大学を中退後、フリースクール「東京シューレ」スタッフを経て、1998年、『不登校新聞』創刊時から、2006年6月までの8年間、編集長を務めた。また、2001年10月、フリースクール「フォロ」設立時より、同事務局長を務める。2006年10月より、若者の居場所「コムニタス・フォロ」を立ち上げ、コーディネーターをしている(現在は「なるにわ」と名称変更)。2009年2月、『迷子の時代を生き抜くために』を上梓。

拙 著


ブログ内検索

Twitter

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 5 6 7 8
9 10 12 13 14 15
16 17 18 19 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

AD

PR
Copyright ©  -- Kohei Yamashita --  
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]