blog 迷子のままに:

山下耕平(やました・こうへい)
NPO法人フォロ事務局長、不登校新聞社理事など。

不登校、ひきこもりなどを中心に、書いてます。
一部は「なるにわブログ」から引き継いでます。

   

傀儡、芸能、生きづらさだョ! 全員集合

中世、傀儡(くぐつ)と呼ばれる漂白民は、人形をあやつる旅芸人として、全国各地をめぐっていたそうだ。農民のように土地に縛られて生産活動をするのではなく、土地や生産手段を持たず、神社仏閣を転々とし、社会の底辺を生きながら、喜捨(寄付)で命をつないでいた人たち。差別されながらも、一方では、おそれの目で見られていた傀儡(くぐつ)たち。

傀儡は、生き延びるために必死で芸能を磨き、その芸は、やがて文楽となり、いまや古典芸能となっているそうだ。文楽にかぎらず、芸能というのは、本来、そうした社会の底辺や境界領域にいる人たち、いわば無縁の人たちが担ってきたものだろう。

ところで昨日、「生きづらさだョ! 全員集合」というイベントに参加してきた。企画したのは、薬物依存症だった、にゃきさん。アルコール依存症のサバイバーである月乃光司さんはじめ、弱視、高次脳機能障害、見た目問題(顔面動静脈奇形)、機能不全家族育ちなどなど、さまざまな「生きづらさ」の当事者が、自分の生きづらさをパフォーマンスとして演じていた。私も、司会のお手伝いをさせていただいたのだが、参加しながら、これは現代の傀儡ではないか、と感じたのだった。

世間とちょっとしたズレがあるために、生きづらさを抱えている当事者たち。その生きづらさを人前でパフォーマンスとして昇華し演じる姿は、本来的な意味での芸能民にちがいない。ただ、芸能民であるからには、芸を磨いていく必要もある。自分の「生きづらさ」をだだ漏れにしているだけでは、芸能にはならない。自分を少し引いた目で見て、芸能として昇華していくこと。そういう意味で、月乃光司さんは、真打ちの芸能民だと私は思う。

逆に言えば、いま渦中にある人が、すぐ芸能にまで昇華することは、なかなか、むつかしいことかもしれない。けれども、だだ漏れだろうと何だろうと、人前にさらしていくうちに、だんだん磨かれていくものがあるのだろう。だから、こうしたイベントが続いていくということは、現代の傀儡(くぐつ)を輩出していく磁場となるにちがいない。そして、後世には古典芸能として、国立劇場で演じられたりすることになるのだ、きっと。 (山下耕平)

 
写真は撮り忘れたので、6月に應典院で開かれた際の写真です……。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

プロフィール

HN:
山下耕平
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県生まれ。大学を中退後、フリースクール「東京シューレ」スタッフを経て、1998年、『不登校新聞』創刊時から、2006年6月までの8年間、編集長を務めた。また、2001年10月、フリースクール「フォロ」設立時より、同事務局長を務める。2006年10月より、若者の居場所「コムニタス・フォロ」を立ち上げ、コーディネーターをしている(現在は「なるにわ」と名称変更)。2009年2月、『迷子の時代を生き抜くために』を上梓。

拙 著


ブログ内検索

Twitter

カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
Copyright ©  -- Kohei Yamashita --  
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS /  /