blog 迷子のままに:

山下耕平(やました・こうへい)
NPO法人フォロ事務局長、不登校新聞社理事など。

不登校、ひきこもりなどを中心に、書いてます。
一部は「なるにわブログ」から引き継いでます。

   

合理、弱法師、矛盾……

ここのところ、「合理」ということについて、あらためて考えることが多い。総会だとか決算だとか予算だとか、そういうことが続いているからだろう。

NPOといっても、事業なので、お金のやりくりは大変で、いつもいつも経営には頭を悩ませている。もっと合理的な経営の仕方というのは、考えないといけない面もあるのだと思う。でも、そもそもは、そういう「合理」からこぼれてしまう問題があるからこそ、NPOみたいな活動が必要とされている。その矛盾は手放してはいけないものだし、どちらかに片付く問題ではないのだろう。そして、どれだけ、「合理」からこぼれる側に立つことができるかが、問われるところなのだろうとも思う。

映画『風立ちぬ』で、空を飛ぶというのは「美しくも呪われた夢だ」という台詞があったが、人は二本足で立ったところに始まり、重力に抵抗し、その文明の力をもって世界を切りひらいてきた。しかし、その力はまた、巨大な人災をもたらす呪われた力でもある。

一方、『風立ちぬ』では、関東大震災のシーンも出てくるが、大地の力は、生命を育むと同時に、生を呑み込む死の力でもある。

「一粒の麦もし地に落ちて死なずば、ただ一つにてあらん、死なば多くの実を結ぶべし」という聖書(ヨハネ伝)の言葉も思い起こされる。

ギリシャ神話のオイディプス王(オイディプスは腫れた足を意味する)は、スフィンクスに謎かけをされる。
「一つの声をもちながら、朝には四つ足、昼には二本足、夜には三つ足で歩くものは何か。その生き物は全ての生き物の中で最も姿を変える」

謎かけの答えは人間のことだ。はいはいから、二足歩行へ、老年になると杖をついて歩く。大地の力に拮抗して二本足で立ち上がり、やがて大地へと帰って行く。

俊徳丸説話をベースにした能の弱法師(よろぼし)では、俊徳丸は家を追い出され、盲目となり、よろよろと杖をつきながら乞食をする。そして、その姿から弱法師(よろぼし)と人から笑われる。俊徳丸説話はバリエーションがいくつもあって、そこからの復讐や回復の物語もあるが、能の「弱法師」は、回復劇ではなくて、弱法師のまま家へ帰っていく物語になっている。

人間は、大地の力に拮抗しながら、大地へと帰って行く矛盾のなかを、よろよろと生きる存在だ。そのことを忘れ、大地の力をなかったかのように、文明の「合理」だけで生きることはできない。「合理」だけで世界を閉じてしまうと、弱法師みたいな存在は排除され、その世界の内部も大地の息吹を失って呼吸困難になる。

不登校とかひきこもりというのも、現代の「弱法師」とは言えないだろうか。弱法師が生きられる世界であること。大地に翻弄されながら、死に触れながら、「合理」に閉じないこと。そんなことを思う。
(山下耕平)
俊徳丸の塚(八尾市)。
知ってないと誰にも気づかれないような、たたずまいだった。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

プロフィール

HN:
山下耕平
性別:
男性
自己紹介:
1973年、埼玉県生まれ。大学を中退後、フリースクール「東京シューレ」スタッフを経て、『不登校新聞』創刊時(1998年)から8年間、編集長を務めた。2001年、フリースクール「フォロ」設立時より、同事務局長を務める。2006年より、同法人で18歳以上の人の居場所を始め、コーディネーターをしている(なるにわ)。2012年より関西学院大学で非常勤講師。著書に『迷子の時代を生き抜くために』(北大路書房2009)。野田彩花さんとの共著に『名前のない生きづらさ』(子どもの風出版会2017)。

拙 著


ブログ内検索

Twitter

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Copyright ©  -- Kohei Yamashita --  
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS /  /