blog: 迷子のままに


山下耕平(やました・こうへい)
NPO法人フォロ事務局長、不登校新聞社理事、
関西学院大学非常勤講師など。
おもに、不登校、ひきこもりなどにについて書いてます。

   

手弁当パラドックス

てべんとう【手弁当】:自身で弁当を持参すること。また、弁当代を自弁すること。また、報酬を当てにせず奉仕すること。手弁。「―で選挙の応援をする」(広辞苑第6版)


NPO活動の界隈では、「手弁当でやっている」と聞くことが多い。 「手弁当」は、広辞苑では「報酬を当てにせずに奉仕すること」となっているが、実際は、当てにしていても無報酬だったり、低賃金だったり、サービス残業だったりするということも多い。なぜ、そうなるのかと言えば、市場サービスでも行政サービスでも届かないような領域の活動を、市民が自分たちの力でなんとかしようとしているからだろう。

お金や制度でドライに割りきってしまうのでは、成り立たない領域がある。しかし、それを手弁当で成り立たせようとすると、無報酬や低賃金労働が常態化し、いわゆる「やりがい搾取」になってしまう。また、活動をするには、家賃や光熱費など人件費以外にもコストがかかり、その費用は市場に払っている。収入は不安定にもかかわらず、支出は確実に出ていく。調整弁とできるのは人件費しかない。そういうことが多いように思う。

手弁当の活動は、常に矛盾に引き裂かれている。その矛盾を自分にしわ寄せすることで、なんとかやっている。結果、活動の理念に反して、肝心の活動する人自身が疲弊してしまうということも多い。それでも活動を続けることができる人というのは、その矛盾を抱え続けられるだけのタフさがあるか、それだけのサポートを得られる人にかぎられてしまう。

また、手弁当であるがゆえに陥りやすい問題もある。手弁当でやっていると、どうしても「こんなに一生懸命、手弁当でやっているのに」という気持ちになってしまう。そこで、相手(あるいは仲間)が思うように動かなかったり、うまくいかないことがあると、相手への思いが反転して、憎悪のような気持ちが生じてしまう。ややもすれば、それはハラスメントにつながってしまうだろう。

あるいは、費用が安かったり無償だったりすると、利用する側は、活動の理念にまで共感しているわけではなく、たんに安いサービスとして利用していることもある。そうであってもかまわないのだが、活動をしている側からすると、たんに安く利用されているだけという気持ちも生まれてしまう。活動する側が「ともに活動をつくりたい」と思っていても、利用する側からすると、それはひとつの道具でしかないということもある。

理想的には、手弁当の活動は、お金を払って消費するだけのサービスとはちがって、ともに考え合い、対話し、そこから活動を生み出していくものでありたい。しかし、理念を徹底しようとすれば先鋭化し、ややもすればカルトになってしまう。あるいは、理念には共感しても、「当事者」には、ともに活動していくだけの余力がない場合もある。

さらに言えば、手弁当の活動の世話になるというのは、それを利用する側に、負債感を与えてしまうこともある。対価をきちんと払っている場合には、そこで決済されるはずのものが、無償だったり、手弁当でまかなわれている場合は、関係が非対称になってしまう。意図はしていなくとも、そこに独特の力関係が発生してしまう。これも、ややもすればハラスメントの温床となってしまう。

手弁当の世界はパラドックスに満ちている。だからダメだと言いたいのではない。矛盾があるのは、ある意味当然で、だからこそ考えることもたくさんあるし、そこで生まれるものもあるのだと思う。ただ、そこで生じていることに対して、「正しい活動をしているのだから」と、その矛盾を抑圧するようなことは、してはならないのだと思う。そして、矛盾が顕在化したときには、真摯にそれを受けとめ、外に開いて考えていくことが必要なのだと思う。

また、こうしたどろどろの矛盾に対して、上空からながめるような乾いた批判はむなしい。なぜなら、手弁当の活動にある矛盾は、多かれ少なかれ、誰しもの足下の問題でもあるからだ。NPOなどでなくとも、職場や家族のなかで、お金や制度で割りきれない領域はかならずあって、それゆえの矛盾はあるものだろう。自分の足下をさておいて、他人事のように批判することはできないのではないか。手弁当パラドックスは、自分の足下からこそ、考えていく必要がある。

深く自戒を込めつつ、そう言いたい。


イラストは、ソルシエールさん(イラストACより)


COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

支援という名の暴力

  • by 死にたいと思っている人tp
  • 2019/10/29(Tue)11:26
  • Edit
この内容まさに私が経験したことを山下さんが目撃かのようです。親の会関係者から、まさかハラスメントを受けるとは思いもよりませんでした。ある意味で、。逃げ場のない状況でした。個人の善意に基づくボラ
ンティア活動では、上下関係が生じ易いと公的相談窓口で、言われました。
ハラスメントが横行世界からにげt

続き

  • by 死にたいと思っている人tp
  • 2019/10/29(Tue)11:29
  • Edit
逃げたいです。今日は雨降りで気分は最悪です。死ねたら、どんなに楽か

支援という名の暴力

  • by 死にたいと思っている人tp
  • 2019/10/29(Tue)12:38
  • Edit
どなたか、死にたい気持ちが、どのようにして消えtsか、体験を知らせてください。アドバイスではなく、体験を

支援という名の暴力

  • by 死にたいと思っている人tp
  • 2019/10/30(Wed)13:02
  • Edit
昨日はつらい話でしたが、色々助けでいただける話すことができ。だいぶ木が楽になりました。い複数の相談窓口、個人、グループを持って、ヘルプすることが大切だと痛感しました。
渦中では難しいかもしれませんが、自分の受けている支援が適切かどうか知ることが大事です。

No Title

  • by 山下耕平
  • 2019/10/30(Wed)16:17
  • Edit
コメント、ありがとうございます。どんなに善意であろうと(だからこそ)、そこで生じてしまう力関係や問題はあると思います。逆に言えば、完璧な場もなければ、そんな人もいないということかもしれませんね。だからこそ、おっしゃるように、複数の人や場に関わることが大事なのかもしれないと思います。

問題が起こったとき

  • by 死にたいと思っている人、今はもう少し生きたいと思う人
  • 2019/10/31(Thu)14:56
  • Edit
どんな人間関係、個人対個人、または規模にかかわらず組織では問題が起こると思います。一番つらいのは、問題で苦しむ側にとって、問題が起こった時の関係者の対応です。誠意ある対応であれば、こじれることは少ないと思います。でも、誠意ある対応する関係者は希少種です。長い目で見ればしっぺ返しを受ける場合も多いです。当事者がこの世を去ってから、評価が変わることは歴史が教えてくれます。そう考えると目の前の苦しみが少し和らぎます。人の悪いことはできるなら、したくないです。でもmp、やってしまうかも。

プロフィール

HN:
山下耕平
性別:
男性
自己紹介:
1973年、埼玉県生まれ。大学を中退後、フリースクール「東京シューレ」スタッフを経て、『不登校新聞』創刊時(1998年)から8年間、編集長を務めた。2001年、フリースクール「フォロ」設立時より、同事務局長を務める。2006年より、同法人で18歳以上の人の居場所を始め、コーディネーターをしている(なるにわ)。2012年より関西学院大学で非常勤講師。著書に『迷子の時代を生き抜くために』(北大路書房2009)。野田彩花さんとの共著に『名前のない生きづらさ』(子どもの風出版会2017)。写真は、内池秀人さん撮影。

拙 著


ブログ内検索

Twitter

カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
Copyright ©  -- Kohei Yamashita --  
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS /  /