blog 迷子のままに:

山下耕平(やました・こうへい)
NPO法人フォロ事務局長、不登校新聞社理事など。

不登校、ひきこもりなどを中心に、書いてます。
一部は「なるにわブログ」から引き継いでます。

   

仮説「蘇我馬子は生きている」

不登校新聞の連載「仮説なんですが」に、仮説を書いた(483号/2018.06.01)。少し前に「不登校=寄生虫説」という仮説を投稿したのだが、語弊があるというので書き足していったら規定の3倍ほどの分量になってしまったのでボツとして、あらためて別の仮説を投稿させていただいた。今回の仮説は「蘇我馬子は生きている」説。編集部の了解を得て、全文を転載させていただく。
奈良県明日香村にある石舞台古墳は、蘇我馬子の墓と言われている。巨大な古墳だったようだが、盛土は取り去られ、石室だけがむきだしになって残っている。古代日本の礎をつくったのは蘇我氏らしいが、「大化の改新」でクーデターを起こした天皇家によって蘇我氏は殺害され、悪者にされたあげく、蘇我氏の業績の数々は、すべて「聖徳太子」という架空のスーパースターの功績にされてしまった。この説については、いまでも教科書の記述をどうするかなど論争があるのだが、ほんとうだとすれば、勝てば官軍で、負けた側の声は、葬り去られたうえに、収奪されてしまったことになる。

歴史は、そういうことのくり返しなのだろう。昔から「改ざん問題」はあるのだ。しかし、勝った側が安泰かと言えば、うしろめたさは常にある。だから、たとえば藤原氏なんかも、政敵として左遷した菅原道真を神さまにして祀ったりしてきた。負けた側のうめき、もっと言えば、民衆のうめきみたいなものを、勝った側=権力は常におそれている。

権力争いの場だけではない。あらゆる領域で、そういうことは起きているだろう。たとえば社会運動なんかにおいても、その初期においては、古代豪族のせめぎ合いや、戦国時代の群雄割拠のごとく、いろんな「声」がせめぎ合う。ところが、だんだん力を持つ人たちが出てきて、その人たちの語るストーリーに「声」は回収されてしまう。負けた側の「声」は、なかったことにされるだけではなく、都合よく回収されて収奪されてしまうのだ。

不登校の歴史においても、同じことはあるのではないだろうか。さまざまの、負けてしまった「声」たち。表には出てこない、埋もれてしまった「声」たち。でも、そういう「声」は、時間を経ても、埋もれつつも、けっして消えることなく響き続けているのだと思う。

勝った側のストーリーだけが「声」だと思いたい人には、そういう「声」はノイズでしかない。だから、ノイズリダクションをかけて、なかったことにしてしまう。でも、ストーリーに回収されないノイズ、うめき、さまざまな「声」は、いつか物事を動かす力になる。必要なのは、そこに耳を傾け続けることだ。そういう「耳」は、本紙にも求められていると、私は思う。


石舞台古墳(奈良県明日香村)


また、先日、不登校新聞の20周年集会が開かれた。私も初代編集長として参加する予定だったのだが、諸事情で参加できなくなったので、メッセージを送って、読んでいただいた。その一部も転載しておきたい。

メディアとしての不登校新聞にとって、批判は欠かせないものです。メディアが批判精神を失ったら、ちょうちん記事しか書けない御用新聞になり下がってしまいます。そして、不登校から学校を問い、社会を問うということは、一方では、自分たちが常に問われ続けなければならないということでもあります。たとえば、フリースクールであろうと、親の会であろうと、不登校にかかわる人たちは、不登校から深く問われるものがあると私は思っています。自分たちを正しい側に置いて、相手だけを問うというわけにはいかないのではないでしょうか。

現在の編集長、石井志昂さんは、「子どものことは子どもに聞くべきだ」と言います。それは、その通りだと思います。しかし、あたりまえのことですが、聞く側の耳のありようによって、子どもが語ることはおのずと変わってきます。たとえば、「学校に行くべきだ」と、コワモテならぬコワミミでいる人に、子どもが何を語れるでしょうか。同じように、それがフリースクールだったり、ホームエデュケーションだったりしても、「これが正解」という固定した耳で聴くのであれば、子どもはそれに合わせたことしか語れないでしょう。虚心坦懐に、子どもの声を聴くには、耳の痛いことにこそ、耳を傾けなければならないのだと、私は思います。そういう耳を失ってしまったら、不登校新聞はワンパターン化した、テンプレート化した語りを再生産するだけの御用新聞になってしまうことでしょう。また、ときには読者にとって耳が痛いことであろうと、臆せずに報じる姿勢が必要だと思います。読者のニーズは大事ですが、読者に媚びる新聞であってはならないと思います。


まあ、口やかましく書いているのは、不登校新聞にもテンプレ化してしまう危険性が常にあるからなのだが、一方で、不登校新聞には「正解」に回収されない「声」もさまざまに載っている。たとえば、直近の記事では、観際メルさんの連載「ただいま別室登校中!」、水口真衣さんの手記「私の“解説”はもういらない」、露野美佳さんの寄稿「当事者性のアピール合戦はもううんざり」など。こういう記事が載っているかぎり、不登校新聞は大丈夫だと思うし、そこに私は希望を持っている。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

プロフィール

HN:
山下耕平
性別:
男性
自己紹介:
1973年、埼玉県生まれ。大学を中退後、フリースクール「東京シューレ」スタッフを経て、『不登校新聞』創刊時(1998年)から8年間、編集長を務めた。2001年、フリースクール「フォロ」設立時より、同事務局長を務める。2006年より、同法人で18歳以上の人の居場所を始め、コーディネーターをしている(なるにわ)。2012年より関西学院大学で非常勤講師。著書に『迷子の時代を生き抜くために』(北大路書房2009)。野田彩花さんとの共著に『名前のない生きづらさ』(子どもの風出版会2017)。

拙 著


ブログ内検索

Twitter

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Copyright ©  -- Kohei Yamashita --  
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS /  /