blog 迷子のままに:

山下耕平(やました・こうへい)
NPO法人フォロ事務局長、不登校新聞社理事など。

不登校、ひきこもりなどを中心に、書いてます。
一部は「なるにわブログ」から引き継いでます。

   

クラスジャパンプロジェクト、多様な教育機会、灰色……

いまの社会では、あらゆるものが商品になっていて、大人も子どもも、そして教育も、商品になっているんだなと思う。少しでも高く売れるために子どもは必死に勉強させられ、学校や教育機関は、そのサービスを買ってもらうために必死になっている。教育は、子どもを労働市場で高く売れる商品に仕立て上げるためのサービス商品になっている。

不登校というのは、大づかみに言えば、そういう状況に対するノーサインであり、そのノーサインを受けとめる場として、居場所やフリースクールはあったのだと私は思う。

しかし、この20年ほどのあいだに、こぼれた人にもチャンスはあると、新たなサービスが用意されてきた。広域通信制高校やサポート校をはじめとする「多様な教育機会」が次々に出てきた。ITの活用も言われるようになって、N高校が出てきて、その延長線上にクラスジャパンプロジェクトが出てきた。フリースクールなども、その流れに呑みこまれてきたと言える。

教育サービスは、既存の学校よりも柔軟で多様なほうがいいということになって、教育機会確保法が成立した。しかし、商品として売れることだけに価値があるという点では、価値観はむしろ一元化している。学校の外までが、その価値観で覆い尽くされてきている。ミヒャエル・エンデの『モモ』に出てくる「灰色」を思い出す。

でも、不登校がそうであるように、この状況に対するノーサインは、今後もさまざまなかたちで出てくるだろう(子どもだけではなく、自分たち自身のなかにも、そのノーサインは出ているはずだ)。状況がどのように変わろうとも、私たちに求められているのは、そのノーサインを受けとめ、人を商品としてまなざすのではない関係や場をつむいでいくことではないか。クラスジャパンの動向を知って、あらためて、そう思う。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

プロフィール

HN:
山下耕平
性別:
男性
自己紹介:
1973年、埼玉県生まれ。大学を中退後、フリースクール「東京シューレ」スタッフを経て、『不登校新聞』創刊時(1998年)から8年間、編集長を務めた。2001年、フリースクール「フォロ」設立時より、同事務局長を務める。2006年より、同法人で18歳以上の人の居場所を始め、コーディネーターをしている(なるにわ)。2012年より関西学院大学で非常勤講師。著書に『迷子の時代を生き抜くために』(北大路書房2009)。野田彩花さんとの共著に『名前のない生きづらさ』(子どもの風出版会2017)。

拙 著


ブログ内検索

Twitter

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Copyright ©  -- Kohei Yamashita --  
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS /  /