blog 迷子のままに:

山下耕平(やました・こうへい)
NPO法人フォロ事務局長、不登校新聞社理事など。

不登校、ひきこもりなどを中心に、書いてます。
一部は「なるにわブログ」から引き継いでます。

   

脱原発と脱学校-9

問いは、つねにすでにあるのだ。それが、閉じているだけで。孤立していると、内面化された世間の価値尺度でのみ自分のことをはかり、それはウラミンになってしまう。外の価値尺度で自分を責め立てることにエネルギーを使うのではなく、自分の身体が感じていることから、内から外に向かってエネルギーを放ち、そこにある葛藤、問いを他者と共有していくこと。そういうつながりは、大きな力になるのだと信じたい。大仰に言えば、それは、オルタナティブな社会性ではないか。
 
先日、“困りごとの祭典”に来ていただいた、月乃光司さんの詩「仲間」から引用したい。
 
…………………………………………………………………………………………
 
足に釘が刺さっていて動けない 
道ばたで倒れて、ひとりぼっちで泣いていた 
誰も足の釘を抜いてやることはできない 
痛みを取ってやることはできない 
でも、僕と同じように足に釘が刺さった仲間が 
「俺も痛いんだ! でも一緒に這っていこうぜ」って言ってくれたら 
僕も前に進める気がする 
痛みながら這っていこう、一日一センチずつの前進だ 
 
仲間がいれば、僕は生きていける 
仲間で、傷を舐めあって、傷口をほじくり回して、傷口をつつきあって
流血して、大流血
血と汗と涙と
鼻水とよだれを流しながら 
生き抜いていこう、仲間 
 
ひとりぼっちでずっと生きてきた 
生きることができない
死ぬこともできない 
人が怖い、だけど孤独に苦しんでいる、それが僕だった 
僕と同じ心を持つ人たちがいることに気付いた 
「生きづらさ」を共に分かち合っていこう、仲間 
仲間がいれば僕は生きていける、仲間
 
…………………………………………………………………………………………
※フォロでの「仲間」朗読は下記に動画があります。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

プロフィール

HN:
山下耕平
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県生まれ。大学を中退後、フリースクール「東京シューレ」スタッフを経て、1998年、『不登校新聞』創刊時から、2006年6月までの8年間、編集長を務めた。また、2001年10月、フリースクール「フォロ」設立時より、同事務局長を務める。2006年10月より、若者の居場所「コムニタス・フォロ」を立ち上げ、コーディネーターをしている(現在は「なるにわ」と名称変更)。2009年2月、『迷子の時代を生き抜くために』を上梓。

拙 著


ブログ内検索

Twitter

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Copyright ©  -- Kohei Yamashita --  
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS /  /