blog 迷子のままに:

山下耕平(やました・こうへい)
NPO法人フォロ事務局長、不登校新聞社理事など。

不登校、ひきこもりなどを中心に、書いてます。
一部は「なるにわブログ」から引き継いでます。

   
カテゴリー「雑記」の記事一覧

不登校は差別語?

不登校新聞487号(2018年8月1日)に、「不登校という言葉はもうやめよう」という記事が載った。喜久井ヤシンさんという方が書かれたもので、喜久井さんは、「不登校なんて言葉は最悪だ」という。少し引用しよう。
まず「不」とは何事か。ガッコウに行かないこと、行けないことについて何十年も議論しているというのに、いまだに「登校の否定」によってしか語れないなんてどうかしている。もしも日本語で女性のことを「不男性」、LGBTを「不異性愛」、在日コリアンを「不日本人」などと呼んでいたら差別だろう。なのになぜ「不登校」はありなのか。そして便宜上必要だったとはいえ、「不登校」という言葉が、なぜ法律にも位置づけられてしまったのか。


喜久井さんは、「不登校」を差別語だと断じ、「私はこの言葉を生涯かけて呪う」とまで語り、そして、新しい造語を勝手に使っていくべきだと書いている。たとえば「教育マイノリティ」「オルタナティブ・エデュケーション・チルドレン」「私教育集団」など。

こうした議論は、昔からあった。同じ否定形でも、「登校拒否」のほうが、本人の拒否の意志が表れていてよいという人などもいた。否定形ではなく、もっと積極的に語ることのできる言葉はないのかという問題意識はわかるようにも思う。

しかし、それに対して喜久井さんが提案されている造語は、どれも「不登校」とはズレをはらむもののように思える。手前味噌で恐縮だが、私は共著の本『名前のない生きづらさ』のなかで、次のように書いた。
不登校という名前は、それ以前に比べれば淡白になったとは言え、やはり、そこには学校に行かないことを異常視するような、名づける側のまなざしがある。しかし、それを周囲がフリースクールやホームエデュケーションなどの名前に置き換えて、世間に理解しやすいストーリーに組み替えてしまうことも、本人不在になってしまうと言えるだろう。不登校は、フリースクールという名前からもズレるものだ。そして不登校に関わる人は、そのズレにこそ、真摯でなければならないと私は思っている。ただ、そのズレは、一般にはとてもわかりにくいものだし、わかりにくいものを、わかりにくいままに見るというのは、なかなか難しいことだと感じている。

積極的なものとして語ろうとしたとたん、実際とはズレてしまう。そういうところが「不登校」にはあるように思える。不登校にかぎらないが、子どもが「イヤ」と言っていることに対し、「じゃあ、どうしたいの」と親が迫ることはよくある。しかし、イヤなものはイヤとしか言いようがない。何かを選ぶことと、「イヤ」は異なるものだ。学校がイヤということと、オルタナティブな教育を選ぶことは同じではない。

話はいきなりぶっとぶが、般若心経は、たった266文字のお経のなかに「不」が9回、「無」は21回も出てくる。仏教のエッセンスとも言われる般若心経は、ああでもない、こうでもないと、ほとんど否定形でしか語っていない。真理というか、そういうものは、否定形でしか語り得ないのかもしれない。

それはともかく、私は、不登校はやはり否定形でしか語り得ないものではないか、という気がしている。それが個人の心理の問題にされたり、差別の対象とされるのは問題だが、否定形だから差別語だというのは短絡にすぎるだろう。

不登校はモヤっとしているがゆえに、いろんな人が自分の文脈に引き寄せて語ってきた。たとえば、精神科医、心理学者、教師、親、フリースクールやホームエデュケーションの関係者などなど。しかし、そのどれもが、ズレをはらんできた。

喜久井さんが「不登校」という言葉に感じるズレには共感するが、であればこそ、ズレこそを大事にしませんか、と提案してみたい。

重さ、におい、ゴツゴツ……

小学校高学年のころ、祖母が編んでくれたセーターを着て学校に行ったところ、「変なの!」とからかわれて、学校には着て行けなくなってしまったことがあった。手編みの、少しぼこぼこしたセーターで、オレンジと深緑の縞模様だった。担任の先生だけが「いいセーターね」と言ってくれたのは覚えていて、何度かは着て行ったかもしれない。でも、なぜだかとても恥ずかしかった。そして、恥ずかしく思う自分も恥ずかしかった。

あるいは、小学生のころは、父親が散髪してくれていたのだが、虎刈りとは言わないまでも、やはり散髪屋さんでやってもらうのとはちがって、どこか雑な刈り方だった。子どもはそういうところに敏感で、やはり「変なの!」と、よくからかわれた。そして同じように恥ずかしい思いを抱えつつ、親には「散髪屋さんで散髪したい」とは、なかなか言い出せなかった。

お店で買う服や、散髪屋さんでの散髪は、均質に整っていて、そういうものがあたりまえになっている目からすると、素人の手作業は奇異なものに映ったのかもしれない。あるいは、いまふうに言うならば、手作業のものは「重い」感じがして、軽い商品のほうがよいというか、そういう感じがあったかもしれない。私自身、そう感じていたところがあったからこそ、恥ずかしくもあったのだろう。

私が子どものころ(80年代)、すでに生活は、どんどん商品を買うことに置き換わってはいたけれども、まだ、そういうゴツゴツとした素人の手作業のようなものが、いろいろ残っていたように思う。高度経済成長前の、どこか土着的な「におい」のする生活がかろうじて残っていて、どんどん軽く薄くなる商品世界のなかで、その「におい」は忌避されていったような気がする。

いまだったら、たとえば個人経営の喫茶店よりは、スターバックスなんかに行くし、自営業の商店よりもコンビニやイオンモールに行く。その気分はよくわかる一方で、そういうものを忌避するのは、やはり恥ずかしいことだとも思う。


●得体の知れないエネルギーが

子どもの居場所ということを考えても、同じようなことは言えそうだ。たとえば塾でも、かつては、進学塾ではない個人経営の補習塾で、世間からあぶれた妖怪みたいなおじさんがやっている塾なんかが、けっこうあった。そういう塾をやっていた人が、フリースペースだとかフリースクールを始めたりして、ひと昔前のフリースクール界隈は、いまよりもずっとゴツゴツとして、「におい」もあったように思う。

それが、だんだんきれいな教育商品に置き換わっていった。ホームページやパンフレットは小ぎれいで、キャッチーな言葉が並んで耳障りはよいけれども、脱臭されてしまっていて、訴えるものもあまりない。そういうところが増えた。そうしたなか、フリースクール界隈にかつてあった得体の知れないエネルギーみたいなものは、失われていったように感じる。

あるいは、市民活動には、全般にそういう「におい」があった。市民活動も軽いNPOのようなところが増えた。それと同時に、社会を根本から問い直すよりも、短期的な課題の解決を訴え、わかりやすくアピールするところが増えたように思う。


●忌避する感覚はわかりつつも

いまや、こういうことを言うこと自体が、「重い」と言われ、忌避されるような気もする。しかし、その「重さ」を忌避してきたからこそ、自分自身の「重さ」も、どこにも出せず、自分の内に閉じ込めてしまってきたのではないか。その結果、どこにも、誰にも受けとめられない「重さ」は、耐えかねて暴発してしまうのではないか。その暴発は、外に向かうこともあれば、自分自身に向かうこともある。そんな気がしてならない。

「重さ」を忌避する感覚はわかりつつも、その「重さ」を出せる場をつくっていくこと。たんに「かつてはよかった」と懐古するのではなく、いまの人たちと、そういう場をつくっていくこと。そういうことが求められているように思う。そのためには、かつてとはちがう工夫が必要だ。しかし、そういう試行錯誤は理解されにくいし、お金にもなりにくい。それでも私は、その「重さ」、「におい」、ゴツゴツとしたものを手放したくないと思う。めんどうだなとは思いつつも……。

断裁、生産性、ゴミ……

昨年、共著で刊行した『名前のない生きづらさ』があまり売れておらず、在庫がだぶついているので、このままだと断裁しますと出版社から言われた。断裁というのは、たいへんしのびないが、出版社の側からすれば、売れる見込みのない商品を抱えたまま、倉庫代ばかりがかさむのはかなわないだろう。

共著者の野田彩花さんは、本書で次のように書いていた。

生産性が重視されるこの社会で、私のような「何もしていない」存在は、いないほうがいいのだろうか。「生産性のない」と断じられた存在は、生きていてはいけないのだろうか。

生産性ばかりが価値ではないと訴えた本が、生産性がないがために断裁されようとしている……。

生産性ということで言えば、先ごろ、杉田水脈衆議院議員(自民党)が、LGBTのカップルは子どもをつくらないので「生産性」がなく、税金を使うことは問題だという趣旨の寄稿をして、物議をかもした(『新潮45』2018年8月号)。この暴言の背景にある思想は、そのまま相模原のやまゆり園事件にもつながっているだろう。生産性にしか価値を置かない社会は、誰にとっても生きづらい社会だ。

とはいえ、こうした問題と本の断裁を直結させたいわけではないのだが、あらためて、価値ということについて、もう少し考えたいと思う。


●命がけの跳躍

マルクスは、「商品は命がけの跳躍をする」と言ったそうだ。マルクスをちゃんと読んでないので、まちがっていたらご指摘いただきたいが、私の理解では、それはこういうことだと思う。

物を加工したりして商品にするにはコスト(労力や費用)がかかるが、どんなにコストをかけても、実際にそれが売れるかどうかはわからない。レストランで調理した料理が余れば生ゴミになってしまうし、売れずにダブついた本は断裁される。それ自体がおいしいとか、読んでおもしろいということ(使用価値)に関係なく、売れなければ(売れ残れば)商品としての価値(交換価値)はなく、「ゴミ」になってしまう。だから、それは命がけの跳躍である。


●人も商品

商品化社会においては、人も商品だ。小さいころからコスト(勉強する労力や、それに要する費用)をかけて、少しでも高い学歴を手にし、その学歴を就職と交換し、少しでも高く売れる労働力商品になろうとする。しかし、実際に売れるかどうかはわからない。労働力商品として売れなかったら(その跳躍に失敗したら)、まるで「ゴミ」のような存在になってしまう。だから、そうならないように必死にがんばる。そして、がんばらない人を許せなくなってしまう。

問題は、商品としての価値がなければ、存在の価値もないと見なしてしまうことだろう。そして、そういうまなざしは学校の外にも深く差し入ってきている。社会が商品価値ですみずみまで覆われてしまっては、人は生きていけない。

そうは言いつつも。せっかく労力をかけたものは売れてほしいとも思う。読んでつまらないと言われるのならまだしも、読まれないうちに断裁されて「ゴミ」となってしまうのでは、なんともしのびない。生産性ばかりが価値ではないと訴えた本の生産性を高めたいというのは矛盾しているが、1冊でも断裁をまぬかれますように。



ノイズ、多様性、遊び

だいぶ以前のことになるが、上野千鶴子さんが不登校新聞のインタビューで、こんなことを語っていた。
情報はどこから生まれるかといえば、「ちがい」から生まれるんです。いつもと同じ道を通り、いつもと同じところに行き、同じ人に会っていたら、「今日は何もなかった」ということになる。ところが、(略)たとえば外国人と接すると、あたりまえと思っていたことでも、いろいろ説明しなければならなくて、情報量があがるわけです。

異質な者どうしが接触したときに、ザワザワとした摩擦が起き、ノイズが発生する。情報理論では、情報のもとはノイズだと言います。ノイズのうちで、ノイズのままのものと、情報に転化するものがある。しかし、ノイズが発生しないところには情報は生まれようがない。できるだけ自分とちがう人と接触し、自分のなかにちがう世界を持つ。そうするとザワっとする。このザワッが情報のもとになる。

逆に、自分と似たような人とだけ付き合っていたら、情報発生が抑制されてしまいます。ノイズの発生しないような組織は、組織ごと沈没していくことになると思います。 学校も企業も、管理社会はノイズを抑制するように組織をつくってきました。そのほうが管理するのにラクですからね。同学年を集め、男だけ女だけで集めてきた。そこに外国人や障害児が入っていったり、学年を超えてクラス編成したりすれば、ノイズが発生するはずです。
このノイズをおもしろいと思うかどうかで、場のあり方やコミュニケーションのあり方は大きく変わってくるように思う。異なる文脈、異なる意見の交差するところにはザワザワと摩擦が起き、ノイズが発生する。それを多様性と言ってもいいのだろう。

教育機会確保法をめぐる議論のなかで、「多様性」と「多様化」はちがうという議論があった。たとえば、桜井智恵子さんは、次のように語っていた。
多様性という言葉は多様化とはちがいます。多様性というのは多種雑多な人たちがいっしょに在るという意味です。(略)多様化することで逆に子どもたちは分類分断され、多種多様雑多な人たちが生き合うという経験そのものが縮減される。

多様化の場合、いろんな場が増える一方で、それぞれの場はタコツボ化してしまって、その内部では、かえってノイズが発生しにくくなってしまう。そういう場ではノイズを抑制しがちで、異なる文脈を持つ人や、異なる意見は排除されやすくなる。そして、そういう場からは、新しい情報は生まれず、語りがテンプレート化されていく。

そういうノイズの抑制は、あちこちに見られる。たとえば教育機会確保法をめぐっても、「賛成派」にも「反対派」にも、ノイズの抑制はあったように思う。意見の内容いかんにかかわらず、同じ考えの集まりにしようとすると、その集まりの内部ではノイズが抑制されてしまう。

自分と異なる意見が出てザワついたときは、それをおもしろいと思えるような遊びが大事だろう。ザワつきを笑いに変えてしまうような遊び。そういう意味で言うと、大阪の人には遊びがあるというか、自分と他者は異なるということをわきまえている人が多いように思う。私は関東出身のせいか、そういう間のとり方は下手くそなほうだと思うが、見習いたいとよく思う。遊びの部分を無理に詰めてしまうと、摩擦熱が高まりすぎてオーバーヒートしてしまう。

話は少しそれるが、インタビューがおもしろいと思うのも、異なる文脈がすれちがうところだ。インタビューはinter-viewで、「見解」の「あいだ」に成り立つものだ。語り手の見解をなぞるだけのインタビューよりも、聞き手の見解とのあいだにノイズが生じるインタビューのほうがおもしろい。ノイズの発生しない、あるいはノイズリダクションをかけてしまうような記事は、おもしろくない。そこには、気づきや発見がないからだ。

多様性を謳っている人たちが、多様な意見が出るとキレてしまうこともままあるが、多様性と言うならば、ノイズこそを大事にしようと言いたい。

プロフィール

HN:
山下耕平
性別:
男性
自己紹介:
1973年、埼玉県生まれ。大学を中退後、フリースクール「東京シューレ」スタッフを経て、『不登校新聞』創刊時(1998年)から8年間、編集長を務めた。2001年、フリースクール「フォロ」設立時より、同事務局長を務める。2006年より、同法人で18歳以上の人の居場所を始め、コーディネーターをしている(なるにわ)。2012年より関西学院大学で非常勤講師。著書に『迷子の時代を生き抜くために』(北大路書房2009)。野田彩花さんとの共著に『名前のない生きづらさ』(子どもの風出版会2017)。

拙 著


ブログ内検索

Twitter

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Copyright ©  -- Kohei Yamashita --  
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS /  /