忍者ブログ

blog 迷子のままに:

山下耕平(やました・こうへい)
NPO法人フォロ事務局長、不登校新聞社理事など。

不登校、ひきこもりなどを中心に、書いてます。
一部は「なるにわブログ」から引き継いでます。

   
カテゴリー「脱原発と脱学校」の記事一覧

脱原発と脱学校-13(了)

脱学校というのも、同じことだろう。これまで、学校を通じて、人は階層上昇を望み、土着的なものから離れ、ひたすら都市へ、抽象的な世界へと邁進してきた。学校は、人から労働力というエネルギーを取り出す「炉」として機能してきた。しかし、生態圏の一部である自分自身から、そのことへのノンが表出されている。そうしたノンのひとつが、不登校やひきこもりだったりするのだろう。
 
これに替わる教育システムは、やはり、分散型のものになるべきだろう。偏差値なんていう抽象的で一元化された価値基準を廃止し、分散化、多元化された具体性に結びついた学びへと転換する。ひたすら学歴という市場価値を高めることにばかりエネルギーを注入するのではなく、生活や働くことや地域とのつながりを持って、自分が主体として生きられる実感のある学び。一方的にエネルギーを浪費してしまうのではない、さまざまなつながりから、エネルギーが循環していくような、学び。そのためには、学校制度の構造だけではなく、社会構造そのものが変革されないといけない。
 
むう、やっぱりガキっぽいイメージしか出せていないが、ガキっぽかろうが、青臭かろうが、これまでの社会システムとはちがう、生態圏の摂理に沿った社会のイメージを出し合うことが、いま、とても必要なんだと思う。
 
一見、ネガティブな、これまでの社会システムからこぼれたところにこそ、痛みとともに可能性はある。いまなお、そしてこれからも続く苦しみに祈りを捧げつつ、とりあえず稿を閉じたい。

脱原発と脱学校-12

先に、根本的な問いは、つねにガキっぽいものだと書いた。それでかまわない、と。しかし、少しだけ脱原発・脱学校の社会のイメージを書いてみたい。いつものごとく大ざっぱで乱暴な物言いであることは承知のうえで。
 
脱原発で、再生可能エネルギーへと転換する場合、これまでのような集権的なエネルギーシステムを、分散的なシステムへと変えていくことが必要のようだ。福島で作った電力を東京で使う、福井で作った電力を大阪で使う、こうした巨大システムは組み替えられなければならない。
 
これまでの産業社会にも同じことが言えるだろう。巨大なエネルギーを集約して稼働させる巨大システム、地方はそのための労働力と食料とエネルギーの供給地にされてきた。人は都市部へと集中する一方、地方は衰退し、第3次産業がふくらむ一方、第1次産業は衰退してきた。しかも、いまや労働力と食料とエネルギーの供給地は海外へと移転している。このままでは、地方に希望はない。もっと言えば、都市にも希望はない。労働力と食料とエネルギーを海外に依存する、砂上の楼閣のような都市なんて、維持できるわけがない。天空の城ラピュタのようなものだ。シータだって言ってたじゃないか。「どんなに恐ろしい武器を持っても、たくさんのかわいそうなロボットを操っても、土から離れては生きられないのよ」。
 
原発に依存することで維持してきた、この産業構造は、変化せざるを得ないのだ。集権的ではなく、分散型のシステムへ。電力供給の構造だけではなく、システムそのものが変革されないかぎり、原発問題は解決しないだろう。

脱原発と脱学校-11

話が原発からは遠ざかってしまったようだが、そうでもないかなとも思う。整理のために繰り返せば、原子力は特異なエネルギーで、それは生態圏にはないはずのものだ。その「一神教的」な仕組みは、資本主義と同型で、資本主義の膨張は、やはり生態圏を破壊し始めている。しかも、それでも生態圏の摂理を超えて、無限に膨張できるように錯覚されている。原子力も資本主義も、生態圏や人の生きる社会をズタズタにしてしまう。人も自然もお金の価値のみではかられ、市場価値のみが唯一絶対の価値になり、それ以外の価値尺度は破壊されてしまう。
 
市場で価値がないとされた人には、ウラミンが溜まる。核のゴミならぬ、資本主義のゴミというわけだ。ウラミンは使用済み核燃料のごとく、冷温停止が容易ではなく、ややもすると暴走して破壊的エネルギーを放出する。
 
ウランとウラミンの扱いのちがいは、ここからだ。ウランは採掘をやめるべきで、替わって生態圏の摂理に従ったエネルギーを推進するべきだろう。再生可能エネルギーというヤツだ。
 
ウラミンは、むしろ溜まっているものを採掘し、さらけ出してしまうことが必要だ。閉じたなかで暴走しているエネルギーを、開かれた関係のなかで、関係再生のエネルギーへと転換する。それは、容易なことではないだろう。ときどき暴発して、つながりが壊されてしまうこともあるだろう。それでも、ときにめげならも、「傷の舐め合い」と言われようと、何と言われようと、そういうつながりからこそ、ズタズタになった社会は再生するのだと言いたい。

脱原発と脱学校-10

月乃さんの詩がなぜ爽やかなのかと言えば、自分をさらけ出しているからだろう。自分の苦しみ、葛藤、恥ずかしい面を、思いきりさらけ出し、笑いとともに、見えない壁に風穴を開けてしまう。その風が、人の緊張感をゆるめ、「自分も弱みをさらけ出してもいいかな」という気にさせてしまう。自分の弱みをさらけ出して、なお、つながっているというのは、安心感のあることだと思う。まさに、“仲間”だ。
 
ウラミンの溜まっている人にかぎって、仲間に対して「傷を舐め合っているだけだ」という批判をする。そういう人ほど、ほんとうは仲間を欲している。そう感じることが多い。月乃さんのように、「仲間で、傷を舐めあって、傷口をほじくり回して、傷口をつつきあって/流血して、大流血/血と汗と涙と/鼻水とよだれを流しながら/生き抜いていこう、仲間」とまで言ってしまえば、怖いものは何もない。
 
よく、言われるように、いまは無縁社会で、つながりが失われている。しかし、古きよき共同体を幻想しても意味はない。ウソくさいつながりは、うんざりだ。ましてや“がんばれ日本”で一致団結なんて、まっぴらごめんこうむりたい。なぜなら、そこには個がないからだ。
 
生きづらさは、人をつなぐメディアになり得る。生きづらさは、人によって異なる。それぞれのちがいを認めつつ、それぞれが自分の感じていること、自分と社会のズレ=傷から、社会を問うていくこと。それを人と分かち合い、人とつながっていくこと。おたがいをつぶし合っている膨大なエネルギーを変換し、人と人をつなぎ、社会をつむぎなおしていくエネルギーにしていくこと。そんなことを夢想する。

プロフィール

HN:
山下耕平
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県生まれ。大学を中退後、フリースクール「東京シューレ」スタッフを経て、1998年、『不登校新聞』創刊時から、2006年6月までの8年間、編集長を務めた。また、2001年10月、フリースクール「フォロ」設立時より、同事務局長を務める。2006年10月より、若者の居場所「コムニタス・フォロ」を立ち上げ、コーディネーターをしている(現在は「なるにわ」と名称変更)。2009年2月、『迷子の時代を生き抜くために』を上梓。

拙 著


ブログ内検索

Twitter

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 5 6 7 8
9 10 12 13 14 15
16 17 18 19 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

AD

PR
Copyright ©  -- Kohei Yamashita --  
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]