blog 迷子のままに:

山下耕平(やました・こうへい)
NPO法人フォロ事務局長、不登校新聞社理事など。

不登校、ひきこもりなどを中心に、書いてます。
一部は「なるにわブログ」から引き継いでます。

   

プレミアムフライデーと不登校

プレミアムフライデーは、今日で1周年らしい。定着していないと問題になっているらしいが、それでも経済産業省は継続する方針らしい。知らない人のために補足すれば、プレミアムフライデーとは月末金曜日に早めに退社してもらって、プレミアムな消費を喚起することだそうだ。
どこのアホぼんが考えた案か知らんけど、そもそも非正規雇用で時間給だったりしたら、労働時間が減ったら収入も減ってしまう。消費をうながすなら金をくれ、と言いたくなる。


もちろん、労働時間の規制であれば必要だ。しかし、現状でも、有給休暇があるのに、とらない人が多いという。2016年の労働者1人の年次有給休暇の取得率は49.7%だそうだ(「就労条件総合調査」厚生労働省)。お金が出て休める権利が確保されているのに、半分ちょっとも残している。もったいない。

あるいは、金も出ないのにサービス残業をする人が跡を絶たないのはなぜだろう。それは、残業を断っても仕事がまわる体制がなかったり、断っても不利益にならないという保障がないからだろう。

休みをとるには、休んでも不利益にならない条件整備と、休むことを許さない空気を生み出しているメンバーシップ型の雇用をあらためることが必要だろう。


●不登校の場合は?

前置きが長くなったが、これを不登校に置き換えたらどうなるだろう? 日本の義務教育の学校では、何日欠席しても、進級・卒業に影響をおよぼすことはなくなった。しかし、高校受験となると、いわゆる「内申点」の問題として、いまだに影響があるようだ。入学試験の結果だけではなく、出席日数が問われてしまう。一方で、通信制高校や単位制高校が増えて、不登校でも進学しやすくはなっているが、欠席日数が不利益になる状況は、いまだにあるのだろう。

文部科学省は、「不登校は問題行動と判断してはならない」という通知を出し(「不登校児童生徒への支援の在り方について」2016年9月14日)、教育機会確保法には、「不登校児童生徒の休養の必要性」という文言が入った(第13条)。これを高く評価する声も聞くが、言ってみれば、これではプレミアムフライデーと同じである。第一、休養の必要性を認めているのが不登校児童生徒だけというのは理解できない。年間30日以上欠席して初めて、休養の必要性が認められるということだろうか? それでは、有給休暇を消化している人に休養が必要と言っているのと同じではないだろうか。しかし、休養が必要なのは、むしろ欠席してはいけないと思い込んで登校し続けている人のほうだろう。

年間30日以上欠席しても不利益にならないための条件整備をするのであれば、まずは「内申書」の廃止から始めてはどうだろうか。もっと言えば、学歴によって人が振り分けられる社会をあらためていけば、休むことのできる条件は整備されていくと言えるだろう。(つづく)

休み、怠け、サボり、ぐーたら……

先に書いた「不登校=寄生虫説」には、いろいろご意見をいただいた。「不登校の子どもを寄生虫扱いするのはどうか」というご意見はごもっともと思うが、寄生虫になぞらえて言いたかったのは、排除の問題である。もう少し、このあたりについて考えてみたい。


●排除の問題

たとえば、「不登校を認めろ」という異議申し立てと、「障害児を普通学校へ」という異議申し立ては、どちらも「ふつう」から排除してくれるなという意味では同じことのように思える。一見、反対の方向のように見えて、どちらも排除の問題と言える。

しかし、障害児については学校から排除された問題としてわかりやすいが、不登校についてはわかりにくい。なぜなら、不登校の「解決」は学校復帰とされてきて、学校から逃げることができない問題でもあり続けてきたからだ。

では、不登校では何が排除されていると考えたらよいのだろう。

ひとつには、子どもが学校にいられなくなってしまうというのは、本人が好んで選んだことではなく、排除された問題だとみることができるだろう。そうすると、問題への対応としては、不登校を本人の問題行動とみて指導するのではなく、学校状況の問題だとみて、学校状況を改善していくことこそが必要だということになる。最近の文部科学省の見解は、そういうものになってきていると言えるだろう。

その学校状況の改善に、学校制度の多様化までを含めれば、教育機会確保法推進の論調と重なってくる。その場合、既存の学校であろうと、多様な「学校」であろうと、そこでは「学校」への包摂が不登校の解決ということになるだろう。ただし、それが不登校を特別な「学校」に囲い込んでしまうことになれば、かえって排除を強めてしまうことになってしまう。法律への反対意見には、その問題提起もあった。


●休むことが排除されている

でも、それだけでは何かが漏れ落ちてしまっているように思える。学校から排除されているものが、ほかにもあるのではないか。不登校が認められないというのは、どういうことだったのか……。不登校というのは、経済的理由や病気などの理由ではなく、学校を長期欠席すること、つまりは学校を休むことだ。よほどの理由がないかぎり、学校を休むことが許されないのが、これまでの学校のあり方だった。そう考えると、学校からは休むことが排除されてきたと言えないだろうか。学校から休むことが排除されているからこそ、不登校は問題視され、否定視され、そのまなざしに当事者は苦しんできた。また、休むことが排除されている学校だからこそ、学校は子どもたちがいられないような場となって、多くの子どもを排除してきたとも言える。そう考えると、学校は休むことを包摂しなければならない。教員も児童生徒も、理由なんかあろうがなかろうが、大手をふって休むことができるようにすること。それは、不登校の「解決」のひとつにはなるだろう。

ここで押さえておきたいのは、不登校=無登校ではないということだ。文科省の調査によれば、年間30日以上欠席の不登校児童生徒13万4398人(小・中学校)のうち、出席0日は1961人、不登校全体の3.7%だ。出席10日以下の人数でも1万4834人で、不登校全体の11%にすぎない。逆に、不登校全体の4割ほどは、30日~89日までの欠席となっている(2016年度「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」)。

不登校を認めるというのはどういうことか、いろいろな論議があると思うが、さしあたっては、休むことを認めるということが、第一になるのではないだろうか。私は「誰もが安心して不登校できる学校を」と言ってきた。しかし、そのためには、休んでも不利益にならないことが求められる。


●怠け、サボり、ぐーたらの保証を

もう少し、考えてみたい。休むことというのは、「学校」で再びがんばるための休憩にすぎないのだろうか? がんばるための休憩だったら認められても、怠ける、サボるだったら、認められないのだろうか? でも、休むことを排除してきた学校がなぜしんどいかと言えば、勤勉価値みたいなものが、すみずみまで行きわたりすぎたからではなかっただろうか? だとすれば、休むことを認めるというのは、再びがんばるための休憩のみを認めるのではなく、勤勉価値を相対化し、出し抜くことのできるような、怠けやサボりこそを認めるべきだろう。多様な学びよりも、ぐーたらな時間や空間の保証を。多様な学びが多様な勤勉さになってしまったら、子どもの逃げ場はますますふさがれてしまう。

学校「身体」に、ぐーたらを寄生させること。学校には、二宮金次郎像の代わりに、サナダムシの像でも建てよう。それで思い出したが、鳥取の境港には、水木しげる先生の銅像があって、そこにはこう刻まれている。

なまけ者になりなさい。


『キリンの子を読む』を読む

鳥居さんの歌集 『キリンの子』は短歌としては異例のベストセラーとなった。同時に発売されたドキュメント『セーラー服の歌人 鳥居』よりも、ずっと売れているらしい。それは何よりだと思う。なぜなら、ややもすれば鳥居さんの存在は「感動ポルノ」として消費され、使い捨てにされかねないからだ。

鳥居さんの短歌は、鳥居さんの半生と切り離せないものではあるだろうけれども、短歌のほうが多くの人に響いたというのは、それだけ言葉の強度が高く、また深度が深かったということだろう。

昨年末、『キリンの子を読む』(現代短歌社)という本も出版された。2016年に京都で開かれた『キリンの子』を読むつどいのようすとともに、岡井隆さんの論評などが収録されている。鳥居さん自身も少し語ってはいるが、それはとても慎ましいものだ。この本では、歌人たちが鳥居さんの短歌をさまざまに評していて、ひとつの歌がいろいろな角度から浮き上がってくる。それがたいへん興味深かった。いわば、歌会をのぞかせてもらったような感じと言おうか。

私も『キリンの子』が出たときに、僭越ながら書評を書かせてもらったが、あえて短歌そのもには触れなかった。私の粗雑な評で短歌をくもらせたくなかったからだ。しかし、この本に出てくる評は、さすが歌人たちによるものだけあって、とてもスリリングで、逆に鳥居さんの短歌が研ぎ澄まされていくようだった。そのへんのレビューを読むぐらいだったら、この本を手にとることをお勧めしたい。が、なぜかAmazonでは取り扱い中止になっている。取り寄せてフォロに置いているので、よかったらお声かけを。

ちなみに、この本に出てくる鳥居さんのイラストがとてもよい。本文が短歌評だとしたら、このイラストは、鳥居さんの存在自体をよくつかみとって描かれているように感じた(ご本人は不服なのかもしれないけれども)。

*ついでにお知らせ
不登校新聞(475号/2018年2月1日)で、鳥居さんが夜間中学校について対談形式で語っている。全文無料で読めるので、よかったらこちらもどうぞ。

仮説なんですが:不登校=寄生虫説

不登校新聞に「仮説なんですが」という連載があります。毎回、いろんな方が仮説を唱えていて興味深いです。しかしネタに詰まってきたというので私も書いてみようと思い立ったのですが、字数が規定の3倍ほどになってしまいました。編集長に相談したところ、当面はネタが入ってきたし、先に私のブログに載せてもよいというので、私の仮説を紹介したいと思います。題して、不登校=寄生虫説。


●不登校=下痢説&学校アレルギー説

児童精神科医の渡辺位さんは不登校を「腐ったものを食べたら下痢をする」との喩えで説明してました。腐った=身体に有害な細菌の増えた食べ物を摂取したら、身体はそれを早く体外に排出しようとして、下痢を起こしたり嘔吐したりする。つまりは身体の正常な防衛反応で、その摂理を見ないで下痢という症状だけを治そうとしたら、身体は壊れてしまう。不登校もまた然りということです。不登校=下痢説としておきましょう。

これと似たものに学校アレルギー説があります。不登校新聞の連載でも、井上陽子さん(フリースクール「クレイン・ハーバー」スタッフ)が学校アレルギー説を唱えてましたが(471号)、カウンセラーの内田良子さんは45年ほど前に、臨床心理の現場で子どもの話を聴いていくなかで、不登校は学校アレルギーではないかと感じたと言ってました(不登校50年証言プロジェクト#31参照)。喩えとしてはよいですが、実際のアレルギーというのは免疫の過剰反応のことですね。その治療は減感作療法(少しずつ慣らす)だったりします。不登校への対応でも、イギリスの行動療法はこういう考え方にのっとっていて、悪名高い「校門タッチ」はこの療法の流れをくむものです。


●不登校=寄生虫説

これにヒントを得て、新しい仮説を唱えてみます。すなわち不登校=寄生虫説です。学校という「身体」は、異物を次々に排除してきました。養護学校義務化(1979年)によって障害児を排除し、2000年代以降は発達障害の子を特別支援学級へと排除し、「異物」を排除すればするほど、学校は息苦しくなってきたと言えます。

これは何かに似ています。免疫学者の藤田紘一郎さんは、寄生虫を身体から排除したことによって、花粉症などのアレルギーが増えたと言ってます。藤田さんはみずからサナダムシを飼って(15年間で6匹)、キヨミちゃんなどと名づけてかわいがってました。

異物を排除すればするほど、身体は過剰反応を起こしてしまう。そう考えると、子どもが学校に対してアレルギーを起こしているというよりも、学校という「身体」がアレルギー的過剰反応を起こしていると言えないでしょうか。学校「身体」にとって、障害児の存在や、子どもが病気でもないのに学校を休むこと=不登校は、いわば「寄生虫」のようなものです。それが学校という「身体」から排除されてしまったことによって、学校はますます過敏になってしまってます。いじめなどで、ちょっとした差異が排除の対象になるのは、学校のアレルギー反応とも言えるでしょう。

これに対する「治療」を考えるとしたら、学校の減感作療法が必要でしょうか。すなわち、まずは年間30日ほどの欠席を問題視しないことに始まり、少しずつ学校の寛容度を上げていく。不登校を認めるというのが休むことを認めるということとするならば、それはひとつの「療法」となるでしょう。しかし、いきなり年間30日を認めさせようとしたら、アナフィラキシー・ショックを起こしてしまうかもしれませんね。教員自身が休暇を1日ずつ増やしていく「お休みタッチ」から始めることをお勧めします。(つづく)



●寄生? 共生?

不登校=寄生虫などと言うと、「不登校を寄生虫扱いするのか!」というお叱りの声がすぐさま飛んできそうです。まあ、不登校=下痢説でも同じでしょうけれど。でも、ここで考えたいのは、なぜ寄生虫がそこまで忌みきらわれてきたのか、ということです。最近は細菌への目線も変わってきましたが、これまで細菌も忌みきらわれてきました。抗生物質やら除菌スプレーやら、細菌は退治すべきものとされてきました。しかし、近年、腸内フローラと言われるように、腸内細菌は100種類100兆個もいると言われ(最近では1000種類1000兆個とも言われているようです)、そのおかげで私たちはいろんなバランスがとれて生きていられることがわかってます。自分の細胞は60兆個ぐらいのようですから、それよりも腸内細菌のほうがずっと多い。表皮常在菌なども含めて、「自分」と思っている身体も、おびただしい数の菌との共生体です。

そこに虫の1匹や2匹が加わったところで、共生さえできればいいんだと思います。ただ、寄生虫が恐ろしいのは宿主を殺してしまう場合もあることで、忌みきらわれるのもむべなるかな、というところがあるわけですが、共生できるものまで忌みきらう必要はありません(菌でも同じですね)。

自分のテリトリーは自分だけのもので、他者にはビタ一文とられたくない、というゴーツク爺みたいなことだと、しんどいです。資本主義社会は、私的所有を第一としてきました。多くの人が、自分で稼いだお金で、「自力」で生きていると思い込んでいる。そのための勤勉さが倫理になっていて、それに反すると目される人は容赦なくバッシングされる。不登校へのバッシング(怠けているなど)には、そういうところがあると思います。

そして、その行き着く果てに、いろんな問題が起きてます。でも、個人なんてものは、身体的にも精神的にも関係の束にほかなりません。ひとつひとつの細胞のなかにだって、ミトコンドリアという、もともとは別の生物が棲みついているわけです。共生のお花畑のなかで「これはワシのもんじゃあ!」とか叫んでいる、あわれな爺にはなりたくないものです。

寄生を許さないという心情は、外国人排斥のヘイトスピーチにもつながってます。あるいは、「働かざる者食うべからず」という、もともとは新約聖書の言葉をもとにレーニンが資本家を叩くために使った言葉が、ひきこもりやニートなどへのバッシングとして使われてます。寄生という言葉が忌みきらわれる背景に、共生への憎悪のようなものを感じます。

ちなみに、不登校新聞の編集長、石井志昂さんは、その昔、寄生虫Tシャツを愛用していました。きっと、共生社会を目指して誰かに寄生したいという意思表明だったのでしょう。(まだ、つづく)。

※寄生虫Tシャツは目黒寄生虫館のミュージアムショップで販売されている。オンラインショップで購入できるようだ。


●フリースクールなどが認められるとは?

フリースクールなどもまた、学校にとっての「異物」ではあるでしょう。多様な教育機会の場としてフリースクールなどを認めてほしいと法律をつくる動きもありましたが、その賛否はさておいて、不登校=寄生虫説として考えた場合、フリースクールが認められるとはどういうことになるでしょう。

先に、不登校が認められるというのは、休むことが認められることだと書きました。なぜなら、不登校とは学校を欠席することなのですから、単純に考えれば、そうなるはずです。フリースクールなどとは別問題と考えたほうが筋が通ります。

では、フリースクールなどが認められるとは、どういうことになるでしょうか。画一的に過ぎた学校制度のなかに異物として入り込むとしたら、藤田紘一郎さんがサナダムシを自身の体内に飼ったように、学校制度にパラサイトすることでしょうか。なかには、宿主を殺しかねない寄生虫と忌みきらう人もいるでしょう。その免疫反応を抑えるには、異物であっても共生できるものとして、学校身体の免疫系に慣れてもらうしかありません。少しずつ慣らす、減感作療法が必要かもしれませんね。しかし、それがフリースクールなどにとってよいことなのかはわかりません。学校制度にまったく拠らない学びや育ちを、社会で共生できるものとして認めさせていくという道筋が、そこにはないように思えるからです。


●寄生虫(異物)でありつづけること

もう一歩、踏み込んで考えてみたいと思います。異物を排除して潔癖症になると過剰反応を引き起こしてしまうというのは、学校にかぎった話ではありません。どんな集団においても、同じようなことは起きます。フリースクールや不登校の関係団体であっても然りです。たとえば、「学校に行かなくてもいい」という考えをしている人たちのなかで、「でも、学校に行かないと不利だし、学歴は必要だと思う」なんて言うと、免疫系が作動しがちです。多様な学びが必要などと言っている人のあいだでも、そういう免疫反応を見ることはめずらしくありません。それを避けるには、異論があたりまえのことになるように、減感作療法をしていくことが必要かもしれません。

あるいは、自分の考えというものを、自分のいる集団と同化させきってしまわないように、常に異物でありつづけることも肝要かもしれません。自分の考えと集団の考えが同じと思っていると、異論を唱える人を敵とみなして排除することが正義になってしまいます。それはこわいことだと私は思います。つまりはここでも、寄生虫のようなもの(異物)として、共生しつづけることが必要じゃないかということですね。

寄生虫という喩えがぴったりかどうかはわかりませんが、そう考えてみると、いろいろ見えてくるように思いました(また、免疫やアレルギーについては素人なので、理解がまちがっていたら、ご指摘ください)。この文章が過剰な免疫反応を引き起こしませんように。(了)
補足:不登校=寄生虫というのは語弊もあったかもしれません。ここで言いたかったのは、すべての人は集団に自分を同化させるのではなく、寄生虫的異物として生きるのが肝要だということです。同質度の高い集団は過敏で苦しいし、かといって、ある集団から離れて別組織をつくったところで、その集団と自分を同化させてしまうのでは、やはり苦しいだろうということです。これを雇用問題に敷衍すれば、ブラック企業とかブラックNPO問題にもなるのでしょうね。(2018.02.04補筆)

プロフィール

HN:
山下耕平
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県生まれ。大学を中退後、フリースクール「東京シューレ」スタッフを経て、1998年、『不登校新聞』創刊時から、2006年6月までの8年間、編集長を務めた。また、2001年10月、フリースクール「フォロ」設立時より、同事務局長を務める。2006年10月より、若者の居場所「コムニタス・フォロ」を立ち上げ、コーディネーターをしている(現在は「なるにわ」と名称変更)。2009年2月、『迷子の時代を生き抜くために』を上梓。

拙 著


ブログ内検索

Twitter

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9 10
11 13 14 15 16 17
18 19 21 22 24
25 26 27 28
Copyright ©  -- Kohei Yamashita --  
Design by CriCri  / powered by NINJA TOOLS /  /